SATS PREMIER LOUNGE :チャンギ国際空港のプライオリティー・パスで入れるラウンジ

SATS PREMIER LOUNGE :チャンギ国際空港のプライオリティー・パスで入れるラウンジ

シンガポール・チャンギ国際空港

今回はシンガポール・エアーが株主のLCCのSCOOT使用のシンガポール
ターミナル2から出発です。

朝8時代の飛行機。
朝5時30分にホテルをチェックアウトして、すぐにグラブを捕まえてチャンギ国際空港へ。
空港には6時に到着です。

シンガポールはバゲージドロップもイミグレもとにかく早い!

イミグレーションをすぎた制限エリア内にはいります。

高級ホテルのロビーのようにカーペットがひかれ、いたるところに草木が植えられています。

それだけではなく、人口の池が作られており、その中を泳ぐ宝石の錦鯉が泳いでいます。

もう、これだけでタイ国内のどの国立公園よりも綺麗です!

ラウンジがなくても全然問題なし!

別にラウンジに入らなくても、素敵な空間でゆったりできるように、椅子もいろいろなところに、しかも数多く配置されています。仮眠だってできちゃいます。

どうしてもホームであるタイの空港と比較してしまいます。

バンコクのドンムアン空港もスワナプーム空港も、空港内で座れる椅子も少ないのに、このチャンギは足を伸ばせるビーチチェアーのようなクッションまであるのです。

売店やバーなども高級デパートそのもの!

ただ、二日酔いの僕は光輝くブランドショップを背に、プライオリティー・パスで入れるラウンジに向かいます。1時間程度の時間しかないので、とりあえず一番近いところに。

SATS PREMIER LOUNGE

朝から結構な数のお客さんでした。それでも、席の数には余裕があり、好きな席を選べました。

僕はパソコンの置かれたブースになったところに席をとります。

あまり豪華ではないけど、美味しそうな食べものがあり、アルコールもある。

けど、僕は二日酔い。

残念!

オレンジジュースとホットコーヒーだけを取り、ブースの中で写真の整理をするだけ。
特になにか注目するようなものはなく、いたって普通。
従業員は使い終わったテーブルの片付けなどテキパキ。
タイ基準の僕にはその基本のレベルの高さを見るだけでも、十分でした。

ではではこれから先は動画でどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

旅行カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。