広告

タイ旅行

タイでダイビング:2019年6月のタオ島(その3)でるでる?サウスウエスト・ピナクル

今回のダイビングは2日で6本の予定です。 前日、午後に2本潜っております。 この日は4本の予定です。 1本目:チュンポン・ピナクル→サウスウエスト・ピナクルに大移動! 朝一本目は、ここ数日でコンデイションがぐっと良くなったというチュンポン・ピナクルへ! そろそろチュンポン・ピナクルに到着かな?というところで、船が緊急停止! サウスウエスト・ピナクルでジンベイ様降臨! サウスウエスト・ピナクルはチュ […]

カオラックタイ南部料理の朝食

カオラックのバンニァン通りの朝。レストランはあんまり開いていない。 カオラックのバンニァン通りにあるタイ南部料理の食堂。この通りは小さなホテルやゲストハウスが密集するエリア。 滞在する人のほとんどが外国人。なので、住んでいるタイ人が少ないエリアなのです。観光客向けレストランは多いのですが、普通のタイ食堂がかなり少ない。 そして、なぜか朝飯やってるレストランもすくないのです。 ダイビング旅行の時は洋 […]

ラヨーンのビーチリゾートエリア:メーピムにあるMea Pim Resort Hotel に泊まってきた!

ラヨーンダイブセンターの船、メインはタイ人のダイバーさん達です。 そこに我々日本人が少々と、バカンスを楽しんでいる謎のファランが少々。 この謎のファラン。お話すると、ほとんどの方がスェーデン人。 そのスウェーデン人達がバケーションを過ごす場所がこのエリアなんです。 Mea Pim メー・ピム ダイブセンターからは車で10分とかからないところですが、ここに来ると、ビーチに沿ってシーフードやイタリアン […]

LCC全盛のタイ国内線でもバンコク・エアウエイズが好きな理由

エアアジアなどLCC全盛のタイランドの国内線です。 でも僕はタイ国内線でバンコクエアウェイズをよく使います。 理由1:チョンブリーから最終目的地まで、全部で考えると高くは無い。 サムイ島はへの路線はバカ高いけど、プーケットやほかのタイ国内へはそれほど高いわけでは無いのです。 エアアジアなどLCCが充実してるタイ国内線ですが、このバンコクエアウェイズを使う第一のメリットは、 バンコクのスワナプーム空 […]

バンコクからタオ島への生き方:ノック・エアー朝便+ロンプラヤの午後のフェリー

タオ島へのフェリーの起点となるチュンポン県。この県には国内線の空港がありノック・エアーとエア・アジアがバンコクのLCC空港、ドンムアン空港から飛んでおります。ノックエアーとフェリーでタオ島にいったので、その時の様子をご紹介。 ノックエアー スケジュールとだいたいのお値段 朝便:ドンムアン発:05:45ーチュンポン着:06:45 午後便:ドンムアン発:17:40ーチュンポン着:18:40 今回は下記 […]

タイDEダイビング:No.8&9 Chumphon Pinnacle チュンポンピナクル

タオ島からのダイビング、2018年7月 チュンポン・ピナクル セイル・ロックにつぐ人気ダイビング スポットのようです。手短に写真で紹介です。 魚影がすごいんです! チュンポン・ピナクルはお魚の数に圧倒されます。 サンゴも、イソギンチャクも綺麗でした。 水中写真を始めたばかり、全然うまく撮れない! まだまだ勉強しなければ! データ No.8 最大深度:21m 潜水時間:47分 水温:29℃ &nbs […]

2018年チェンライの旅:プーチーファー登頂4回目とPhu Sang National Park

最終日も雲の中 この日の午後にチェンライから出発です。 ラストチャンス!朝日の撮影に今日もプーチーファーを登ります!   この旅一番の雲!撤収です! 飛行機までかなり時間があるため、チェンライの空港に向かう前に、もう一箇所、国立公園によることにしました。   Phu Sang National Parkに到着 プーチーファーから3時間程度のドライブで到着! ここは熱帯雨林の中に […]

2018年ソンクラーン:チュンポーンでハジャイスタイルの飲茶と1958年創業のお粥屋

チュンポーンで言ったレストラン。一泊しかしていないので、晩と朝の二か所です! Chok Dee Tae Tium 本店はハジャイにあるお店のようです。 バンコクではあまり見ない肉骨茶「バクテー」が売りのレストランです。 お店の前のショーケースの中に飲茶の小皿があるので、食べたいものを伝えると蒸しあげて、くれます。 この手のお店。だいたいのお店がいかにも「工場で作りました」っていう、コンビニで売って […]

2018年ソンクラーン タイ南部5日目:ランタ島からチュンポーンへ

5日目! いよいよ、ランタ島から出発です。 フェリー乗り場に到着、ここからタイ本土側に車と一緒にわたっていきます。 フェリーを待っていると、小学校の団体らしいご一行が本土側からやってきました。 なんでしょう?旅行かな? イスラムの子たちで、制服がとてもカラフル。カメラを向けるとみんな笑顔をくれました。   船旅はあっという間に終わります。     海をわたると、500 […]