RICOH GR III

2019年3月に発売になったコンパクトなデジタルカメラ。発売日に入手して、それなりに使い混んできました。またファームウエアのアップデートもあり、発売当初からのユーザーのフィードバックなども反映されたようなので、僕なりの感想を書きたいと思います。

前モデル

前モデルのGRIIが2015年に発売されたとほぼ同時に買いました。当初はサブのカメラとして気軽に撮影したい時などに使おう!程度に考えておりました。

その当時、APS −Cのキャノンのカメラからオリンパスのミラーレス、OMDにメインのカメラを切り替えていました。
ミラーレスカメラが小さい、とはいえ、やはりコンパクト・デジカメとは別次元。

ポケットにいれて、気軽に持ち歩くカメラとして買ったのです。

しかし、ボディーサイズはコンパクトとはいえGRIIのセンサーはオリンパスのマイクロ・フォーサーズよりも大きいAPS-Cサイズ。デジカメの性能を決めるといってもいいほど大事なセンサー。これが、メインのミラーレスよりも大きい!
しかも、コンパクトカメラとしての完成度がとても高く、操作性が抜群。

ほとんどの操作が片手ででき、また、物理的なボタンやダイヤルでの操作だったので素早い操作が可能でした。
タッチパネルを操作しての操作は画面を見ながらの操作なので、街中でいいシーンを見たときにパッと撮影するようなときは、物理的なボタンはとても都合が良かったのです。

結果、旅行時などはこのカメラの方が出番が多くなってきました。

GRIIが出た当時、他のカメラは手振れ防止機能などをつけておりましたが、GRIIには未搭載、そして画素数も控えめな1600万画素と数字上のスペックだけみると、このカメラよりも性能のいいカメラはいくらでもありました。

しかし、数字にできない操作感や、撮られる側から見た圧迫感の少なさで、数字上の性能を上回る活躍をしてくれたのです。

そのGRが新しくなったのが、今年2019年の3月。僕は事前に日本のカメラ屋さんに予約しておいたので、発売日に手に入れることができました。

いろいろなレヴューがでているので、性能比較などは大手サイトで出ている通りだとおもいます。
僕が一番気になっていたことについて書きます。

操作性

モニターがタッチパネルになり、また物理ボタンが減りました。旧モデルは指が操作を覚えていたので、新モデルのGRIIIを使い始めた当初は、正直操作し難かったです!ですが、これは慣れの問題か?
3ヶ月ぐらいつかって思うのは、「慣れます!」ということです。

ですが、どちらが操作性が良いか?と言われたら、やっぱり旧モデルです。でも慣れてしまえば問題ないです。

フォーカス

前モデルでは、カメラにフォーカスエリアを任せる「オートエリアAF」を頻繁に使っていました。カメラの選択したAFエリアは、だいたいが、僕が狙いたいところでした。

ただ新モデルになり、これが?でした。

「なんでそんな隅っちょにフォーカスするの?」って、意図しないところをフォーカスしまくりでした。しかし、タッチパネルに変わったので、フォーカスするところを指でタッチすれば、ちゃんと指定したところをフォーカスしてくれました。

でも、このワンアクションが嫌だな?とおもっていました。
指で画面をタッチ!これが、邪魔に感じて仕方がなかったのです。

話が外れますが、ソニーのコンパクトカメラのRX100Vも使っているのですが、こっちはビシッと狙い通りのところを掴んでくれる!なのに、GRIIIは?とモヤモヤした気持ちもありました。

しかし、モヤモヤはある時に一発で解消しました!
ファームウエアが更新されたら、あら不思議!オートエリアAFが全モデル並みにお仕事をしてくれました。

まあ、それでも、フォーカスに関しては、ソニーにはぜんぜん敵いません!全モデル並みにはなってくれました。別に違う機種との比較でないんで、これに関してはOKということで次。

スマホアプリ

前作は正直ひどかったです。

泣きたくなるほど、ひどかったです。

僕はiPhoneをつかっておりますが、iOSとの相性の問題なのか?単純に写真をスマホに転送がとにかくできなかった!リコーの純正アプリでは転送すらできないので、サードパーティ製のアプリをつかって、カメラから転送しておりました。

GRIIIが発売された当初は・・・リコー純正アプリがGRIIIに対応しておらず、アプリをつかってもなにもできませんでした!

これはすごい!

他のカメラメーカーではぜったにやらないことだとおもいます。
サードパーティー製のアプリはここでも僕を救ってくれました。

しかしこれも、アップデートにより、スマホへの転送はできするようになりました。その後は特に不満もなく使えております。

買って正解だったのか?

これです。
買った当初は正直「うーん」と悩んでしまいました。
使いにくいし、スマホへの転送ができない!
ですが、その後のアップデートにより、いまは買って良かった!と心からおもっております。
そもそもGRのファン。
ソニーやニコンのファンと違います。

これぐらいの不便も味と思っているのがGRファンなんです。

リコーはいつか僕の期待に応えてくれる!と

画素数が大きくあがり、また手ぶれ補正がついたので、画質は圧倒的によくなりました。撮影後のトリミングもやりやすくなりました。実際に撮影後にトリミングするか?は別問題ですが。

街を歩いていて、すぐに取り出し撮影できる。コンパクトなので、レストランなどで周りに圧迫感がない。
最強のスナップシューター!というのは偽りないとおもいます。

僕が好きなところ

このカメラの好きなところ。

撮影するとき、周りの空気をみださない

なので、その時僕が感じた「幸せ!」って思うシーンを映してくれるところです。

 

僕が撮った写真ですが、載っけておきます。

レストランやバーの写真が好きです。ここでフルサイズのミラーレスとかを振り回さなくても、こんな写真がとれます。

サムイ島の空港ロビー。ダイビング旅行の時は荷物が本当におおいのです。それでいて、撮影したくなるシーンも多い!そんな時GRは最高です!

街中です。なんとなく気になったシーンを周りを気にせずに、撮影できます。

動きのある被写体。正直GRには向いていないと思います。しかし、その辺りは慣れもあります。自然なボケ具合が好きです。

バンコクの人気レストラン。そのカウンターでもGRなら、周りの空気を乱すことなく、綺麗な写真をとれます。

慣れてくれば、もう生活用品の一部です。静止画、動画含めていろいろな機材を持っておりますが、GRIIIは常に身につけているようなカメラです。

これからのデジカメライフも楽しみです!

 

Photosカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。