ラヨーンのビーチリゾートエリア:メーピムにあるMea Pim Resort Hotel に泊まってきた!

ラヨーンのビーチリゾートエリア:メーピムにあるMea Pim Resort Hotel に泊まってきた!

ラヨーンダイブセンターの船、メインはタイ人のダイバーさん達です。

そこに我々日本人が少々と、バカンスを楽しんでいる謎のファランが少々。

この謎のファラン。お話すると、ほとんどの方がスェーデン人。

そのスウェーデン人達がバケーションを過ごす場所がこのエリアなんです。

Mea Pim メー・ピム

ダイブセンターからは車で10分とかからないところですが、ここに来ると、ビーチに沿ってシーフードやイタリアン・レストランが並び、道を挟んだところにはホテルやリゾートマンションが点在しております。

いつもはダイブセンターに泊まるのですが、今回はこのメー・ピムに投宿しました。

Mea Pim Resort Hotel.

このエリアでは現在のところ、最大規模のホテルのようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

建物、お部屋はやや年期を感じます。

しかし、清掃はしっかりされているので、嫌な感じは全くありません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

泊ったお部屋:デラックス・ツイン

価格はアゴダで一泊THB 1,880バーツ、朝食込みでした。サービス税、VATも含んで。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エリアの人気度やホテルのコンディションを比較すると、ちょっと高い気がしますが、選択肢もあまり多くないので、こんなものでしょうか?

お部屋ですが、かなり広く感じます。バルコニーもついているので、ダイビング機材を干すのもにも便利です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バスタブはありません。シャワーですが、お湯はかなりぬるかったです。乾季で気温がぐっと下がった朝などはちょっと厳しいかも。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

プール

それほど広くはありませんが、最深部が3mとかなり深くなっております。

普通ないだろ?という深さです。この日のダイビングが中止になったので、ここでストレス解消していました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

朝食

バンケットルームに朝食が用意されておりました。

食事内容は同価格タイのパタヤのホテルなどと比べると、内容的にはちょっと劣っております。が、まあ許容範囲です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

感想

立地がいい!

このビーチ、かなりの距離があり、ホテルやレストランが点在しております。このホテルから徒歩圏内にセブンイレブンやレストランが集まっております。同じビーチでも場所によってはホテル周辺の歩ける範囲にお店がないエリアもあるのすが、このホテルであれば、立地は一番良いのでは?とおもいます。

テレビにHDMI端子が付いている!

これが付いていると、任天堂スイッチと接続できます。

ダイビングがキャンセルになったので、息子とマリオカートで対戦しまくっておりました!

このあたりではあまり選択肢自体があまりありません。

なので、お値段はやや高めです。

ですが、このビーチに泊まるのであればお勧めです。

 

 

 

旅行カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。