タイでダイビング:2019年8月のタオ島<その2> チュンポン・ピナクルでワイド撮影

2019年8月のタオ島ダイビングの続きです。

時系列で報告しようと思いましたが、ちょっと変えます。

テーマ別にご紹介です。

同じポイントに2日連続で行くこともあるので、テーマでまとめてご報告したほうが、話もまとまると思います。

ではでは、

水中の様子を写真メインで紹介していきます。

底の方!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アカマダラハタ(写真奥)

タオ島のみならず、タイではよく見られるアカマダラハタ。
大きいものは1メートルを超え、近くで見ると迫力満点。
このアマカダラハタ、世界的には希少な魚になっています。
国際自然保護連合(IUCN)レッドリスト・準絶滅危惧種(NT)に指定されているのです。
タオで潜っていると、普通に会える魚で、「鍋にしたら美味しそう!」とか冗談をいっているこのお魚も保護の対象になっているのです。

絶滅が危惧されていますので、いたわってくださいね!

スジアラ(写真手前)

一緒に写っているのはスジアラ。
赤い色をしていますが、体色をコロコロと変えます。
クリーニングされている時、捕食モードの時、白っぽくなったり、茶色っぽくなったり、綺麗な赤になったり。

泳ぎも得意で、中層でハンティングしていることもあります。

ミノカサゴ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岩の壁になったようなところで、三匹ぐらいで浮いていることが多いです。

ヒラヒラがとても綺麗なんですが、猛毒があります。

ちょっとでも触ったら、とんでもないことになりますので、触らないように。

ビデオライトにアダプターをつけて、光源を絞りスポットライトで綺麗なヒレを浮き上がらせて撮影しております。

底物はこれぐらい。

次は、南に進路をとります。

最初に水深30mぐらいまで潜ったので、中層メインで進みます。

中層!ここからは群れ!チュンポン・ピナクルといえば、群れです!

群れのご紹介!

テルメアジ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今シーズンのタオの群れの主役を演じています。
しかし、今回はテルメアジの群れは1群のみでした。
どっかにお出かけかな?

派手に動き回ることもなく、岩に近いところで大きな群れをつくり、漂っています。

最近は、テルメアジ軍団を背景として使った写真が好きです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中央のイソギンチャクとハナビラクマノミはスポットライトを浴びせて、周りはストロボで光を当てています。

銀色のなかに、他のお魚を配置するのも好き!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

テルメアジは撮影の主役にもなれば、脇役にもなってくれます。

ツバメウオ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

セイルロックやサウスウエスト・ピナクルなど外洋ポイントでも、島周りのポイントでも出てきてくれるツバメウオ。
チュンポン・ピナクルでも大きな群れを作ることがおおいです。

今回も群れていました。
ゆっくりと漂うように泳いでいるときは、魚体を普通に立てて泳いでいます。
流れがあったり、ちょっと速めに泳ぐときは、ヒラメやカレイのように横になって泳ぐ時があるのです!写真はちょっと撮りにくい!

上の写真はツバメウオのうち半分くらいが、まだ寝そべって泳いでいるようすです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは、「マエナラエ」をして整列してくれたツバメウオです。

イエロー・バンド・フュージラー

かなりの数がいます。

安全停止の時でもだいたいダイバーの周りにいてくれる良い子です。

数が多すぎるのか?

なぜかダイバーから存在を無視されています!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バラバラになっていると、目立ちませんが固まるとそれなりに迫力がでてきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

彼らは、フィッシュ・イーター達の格好のターゲット。

タオの海を支える、ご飯なんです!

フィッシュ・イーターたちがハンティングを始めると、群れが一瞬で固まったり、全員で「回れ右!」するような行動をします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オオクチイケカツオやコガネアジ、そして、オニヒラアジ(滅多にみないレアキャラです!)彼らもイエロー・バンド・フュージラーが大好物です。

ダイバー!

もう立派な水中の生き物です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

僕のようなファンダイバーから、ライセンスを習得する教習生まで。

ここの海は海底都市のごとく、ダイバーがいっぱいです。
ダイバーが多いところを嫌うダイバーもいます。
僕はこれも一つの群れ!
自分の群れの一匹!とおもって楽しんでいます。

今日はチュンポン・ピナクルの水中ワイド写真メインのご報告でした!

ではでは

撮影機材

カメラ本体:Olympus OM-D EM1 MK2

レンズ:Olympus M.ZUIKO DIGITAL ED8MM F1.8 Fisheye PRO

ストロボ:Olympus UFL-3 ( 2機使用)

ビデオライト:RGBlue SYSTEM 02-2 PREMIUM COLOR

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

DIVINGカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。