タイでダイビング:パタヤ・サメサンで訓練ダイビング!

久しぶりにパタヤで訓練ダイビング

2019年の7月中旬。
タオ島では、とっても素敵な体験ができました。
その翌週。
僕ら親子はサメサン沖のダイビングに向かいました。
サメサンはパタヤから南に車で40分ぐらい走ったところにあります。

今回、カメラはコンデジのTG5にハウジング。
ストロボはつけず、イノンのライトLE700-Sを手持ち。
水中写真を撮るにしてはかなり軽装で潜りました。

今回はダイビングの目的は「初心を忘れない訓練」

このシーズンはタオ島メインで、日系のダイビングショップばかりで潜っています。
安全面でも、海中の案内にしても、細やかで気が利いたガイドさんが多いです。
それが当たり前のようになっているところもあります。

しかし、これは欧米系のダイブショップでは、ぜんぜん当たり前ではありません。

海中の案内は特になく、ずんずんと移動して、あるところで180度ターンしてボートに戻る。水中でコミュニケーシュオンがなかったり、チームでロストする人がでることも、たまにあります。

僕は水中の写真が撮りたくてダイビングを始めたので、写真を撮る時間がほしいのですが、写真をとっていても、通常ガイドさんが待っていることはなくズンズンと泳いで行ってしまいます。

サービスが良いとか悪いではなく「バディ」が基本なのです。
ダイビングの基本はやはりバディです。

その自覚は大切だと思います。

ダイビングの基本を思い出すための訓練ダイビングなのです!

それを、プールや透明度の高い浅瀬で行っても訓練としては意味がありません。
緑色の透明度の悪い海で訓練するからこそ、訓練なのです。

ガイドさんや、バディーとちょっと離れたら、かなり簡単にロストできます。
ロストしたら、いつものルール通り1分探して、会えなければゆっくりと浮上です。
別に恥じらうことはないのです。

ルール通りにやればいいだけ。

しかし、注意しないといけません!
海面にはボートが多く、パタヤ沖ではジェットスキーの爆音が聞こえたり・・・

このように、訓練としては充実した環境が整備されています!

ではでは当日の様子です。

やや曇っていましたが、波風はあまりなく、ダイビング日和です。

息子の悠と「濁水の貴公子」ことドイちゃん、そして僕+ガイドさんで潜ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

安定のパタヤ・グリーン!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雪がまっているような海中ですが、サンゴもありますし、魚影も結構濃いのです。撮影するのは難しいですが。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミナミハコフグ!

ここで会えると思っていなかったので超ハッピー!

で、写真を撮っていると・・・・

危うくロスト!

あぶなかった!・・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ユーモラスなハコフグ。

動きがスローなので、手持ちライトでもうまく光を当てることができました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岩の下にはアオマダラエイ。

うまくライトを当てようと、岩と砂の間で体をうごかしていると・・・

足に痛みが!

針でさしたような痛みが!

針の長いガンガゼさんにブスッとやられました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ガンガゼさん、とても元気です。

写真撮影のときは周囲の確認を怠ってはいけません!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エビさん、カニさん、結構います!

ガイドさんが、止まってくれたら、もっと探せるんだけどな・・・・

と、一瞬変なことを考えてしまいました!

これは訓練なのです!

カニ観れただけでもラッキーです!

今回のパタヤ・サメサンの訓練ダイビングの感想

訓練としては、とても充実していました。

普通にファンダイブしても面白いとおもいます。

なんせ近い!バンコクからだって余裕で日帰りできます。

魚もおおい。エビ、カニ、ウミウシ。この日はでませんでしたが、亀もなんどもみています。

訓練ダイビングもいいのですが、海の生物を紹介できるガイドさんがいて、ファンダイブも楽しめたらいいんだけどなぁ・・・とは思います。

でも僕はこのパタヤ・サメサン好きです!

なぜなら!

アフター・ダイブが充実!

久しぶりにホップスの出来立てビールと生ハムを堪能いたしました!

パタヤ・サメサンの魅力を再発見してダイビングでした!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

DIVINGカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。