タイでダイビング:2019年6月2回目のタオ島(その1)マクロな1日

2019年6月。

3連休を利用してタオ島でのダイビング。

その翌週・・・・

またしてもタオ島にサワディー・クラップ!

ツイッターやフェイスブックでタオ島やサムイ島の情報をみていたら、コンデションが良い日が続いており、いてもたってもいられなくなりました。

土日だけの弾丸ダイビング!2019年6月2度目のタオ島です。

1本目:チュンポン・ピナクル

出航です!

空はどんより。

海の中が気になります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

透明度が高く、底まではっきりとみえています。

テルメアジは濃い群れをつくって、ゆっくりと泳いでくれております。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岩山の上にはミノカサゴ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イソギンチャクとハナビラクマノミ。青抜きで写真が撮りやすい!

このポイントは、安定しています。

ただ、そろそろキンセンフエダイやタイワンカマスの群れも登場してほしいなぁ・・・

2本目:ノー・ネーム

タオ島になんどもきておりますが、初めてのポイント。場所はツインズのちょっと西、タオ島からみたらちょっと沖。

ほんのちょっと沖なんです。なのでツインズと同じくマクロで!ってマクロレンズをつけてエントリー!

うーん、ワイドにしておけばよかった!と思うシーンも多々ありました。こちらはGoproで動画撮影しておりますので、後日アップします。

マクロで後悔したわけではありませんよ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミナミハコフグ。

恥ずかしがり屋が多く、すぐに岩穴に逃げてしまうミナミハコフグですが、この子はじっくりと写真を撮らせてくれました。ほんとかわいい子です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イボイソバナカニ

擬態しております。これがカニ!エビかと勘違いしてしまいます。

3本目:シャーク・アイランド

この周辺にサメがいるというわけではなく、岩がサメの背びれに似ているのでこの名前がついたと聞いたことがあります。

ここもマクロの世界!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イボウミウシ。あまり動かないウミウシは大好きです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アカスジカクレエビ。よーくみると、うじゃうじゃと群れているのがわかりました。

これなら次回からも見つけられそう。

4本目:レム・ティエン・ベイ

ここもマクロの世界にひた走ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岩のしたの砂地にいることがおおい、オシャレカクレエビ。手長エビのように手が長いです。が透明なんで見つけにくいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スザクサラサエビ。

「かっぱえびせん」のパッケージに印刷されていそうな赤のエビ。美味しそうです。色がわかりやすく見つけるのも簡単でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ソリハシコモンエビ。

こちらも小さくて透明なボディー。岩の下の暗くなったところに大量に群れておりました。

撮影後、写真の編集していてきずいたのですが、抱卵しているお母さんエビでした。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

メタリック・シュリンプ・ゴビー

もうちょっと粘って、エビがでてくるまで待てばよかった!

これで初日終了です。

6月はマクロ強化月間です。

そこそこ撮れるようになってきました。

翌日も楽しみ!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

DIVINGカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。