タイでダイビング:2019年6月のタオ島(その3)でるでる?サウスウエスト・ピナクル

タイでダイビング:2019年6月のタオ島(その3)でるでる?サウスウエスト・ピナクル

今回のダイビングは2日で6本の予定です。

前日、午後に2本潜っております。

この日は4本の予定です。

1本目:チュンポン・ピナクル→サウスウエスト・ピナクルに大移動!

朝一本目は、ここ数日でコンデイションがぐっと良くなったというチュンポン・ピナクルへ!

雲が多い朝です。
朝のバンザイ号

そろそろチュンポン・ピナクルに到着かな?というところで、船が緊急停止!

サウスウエスト・ピナクルでジンベイ様降臨!

サウスウエスト・ピナクルはチュンポンから真逆の方向。かるく1時間はかかります・・・

方向転換!

サウスウエスト・ピナクルに向かいます。

ジンベイ様!1時間ぐらい待っててね!

1本目:サウスウエスト・ピナクル

タオ島周辺では三大外洋ポイントのうちの一つです。シェベロン・バラクーダの大きな群れと切り立った岩が印象的なところです。

ではでは、エントリー!

大小様々な岩が小山のように立っております。

あー!遅かった!

エントリーしてすぐに、お祭り状態出ないことはすぐにわかりました。

でも、まあいいのです。ここを楽しみましょう。

透明度はいいかんじです。

ユメウメイロ

底まで潜りましたが、こんなかんじです。

すばらしいではないですか!

ジンベイ様がいないなら、シェベロン・バラクーダの群れ!を期待したのですが、お出かけ中。

山の端にツキチョウチョウウオ

それでもここの地形は絵になります。

2本目:Hin Pee Wee & HTMS Sattakut

タオ島の西側にある沈没船です。

僕の印象ではここはタオでは大きめのお魚が近くまで寄らせてくれるところ。

さてさて、今回は?

船首の砲がかっこいい

なかなかの透明度!

ここは絵になります。

バラフエダイやクロコショウダイ。近くまでよれます。ダイバー慣れしているのかな?
写真を撮る時はレギュを外す!さすが!元キッズモデルです。そして、この位置に息子を連れてきてくれたガイドさん!さすがです!
大型のバラフエダイ、クロコショウダイ、スジアラが船室に

ここの面白いところが沈船周りなんですが、水深20メートル超え。

楽しく遊んでいますが、ダイコンをちょいちょい確認しながら、デコらないように水深あげていきます。

あわ芸の修行中

ここも透明度がよくて、流れもほとんどなし!

楽しかった!

その4につづく!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

DIVINGカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。