タイでダイビング:5月のタオ島でジンベイ様降臨

タイでダイビング:5月のタオ島でジンベイ様降臨

4月はソンクラーン休暇にタオ島でダイビングしておりました。

5月。ラヨーンはシーズンがおしまい。チャーン島にしようか?タオ島にしようか?と悩むところでしたが、タオ島にいってきました。5月中旬、日本のゴールデン・ウィークも終わり、ひと段落したころです。

土日の弾丸ダイビングのご報告。

土曜日

1本目:ホワイトロック

ガイドさんから、「最近は濁ってますよー」と事前情報いただいておりました。

明るいところ、少しでも透明度がいいところを選んで案内していただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クリーニングされているスジアラ。スジアラも色がかわるんですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岩周りをドカドカと暴走していたのが、なんとキツネフエフキダイ。タオで大きな魚体が群れになって暴走しているのは初めてみまました。リチェリィウみたい!

2本目:チュンポン・ピナクル

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

テルメアジの群れは見事!ですが、まだキンセンフエダイやタイワンカマスの群れがいない・・・ちょっと寂しいですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミノカサゴは絵になります。

ランチ:ダックヌードル

午前二本のダイビングを終えると、一旦ショップに戻りランチです。定番のタイ風ラーメン屋で、ローストダック+麺をいただきました。

3本目:レッドロック

午後からは島周りでマクロ!ということでチームもマクロ・撮影チームが結成されました。

僕は急いで、レンズ交換!

マクロ・チーム。僕含めて二人だけでした。

ガイドはショップのオーナーさんが自らついてくれました。

さらにサポートでガイドさんがもう一名も!もう感激です!これで安心して砂地にへばりついていられます。

マクロは勉強の最中。

そんなマクロ初心者の私に、ガイドさんも、他のダイバーさんから、ありがたいアドバイスをいっぱいいただくことができました。

でも、写真はイマイチ!まあいきなりできる世界ではありません。今回は35ミリ換算で60ミリになるマクロレンズしかもってきおりません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

初めてのスヌート撮影!

4本目:再びホワイト・ロックへ

3本目が終わって、ボートに戻ったのは、僕らのチームが一番最後でした。

上がるとなにやら、ガイドさんたちが忙しそう。

「予定を変更して、ホワイト・ロックに行きます!」

ん?

どうやらジンベイ様が降臨されたようです!

ホワイト・ロックは3本目のレッド・ロックのすぐ隣ぐらいの距離!

これは期待できます。

エントリー。情報をきいたダイビング・ボートが集まっております。

水中もお祭り状態。

濁りがあるので、そこまで遠くはみえませんが、10メートルぐらいはいけます。

どこだろ〜!って探していると、「ガチンガチンガチンガチン」!

後ろ振り返ると、そこには!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

危うくぶつかるぐらいの距離でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4メートルぐらいで、とても人懐こいジンベイ様でした。ダイバーをおいかけるのが好きなようで、ダイバーさんも「ノー・タッチルール」厳守のため、みなさん頑張って逃げまくっていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

追われるダイバーさん!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ジンベイ様がでると、ハッピーになれますね!

やっぱり特別なお魚です。

3月にチャーン島の沈船で今年初のジンベイ様

4月のソンクラーンはタオのチュンポン・ピナクルでサワディー・ピーマイ。

そして5月にも!

相性があるのかな?

6月も期待しちゃいます!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

DIVINGカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。