タイでダイビング:チャーン島のBB Diversでいく沈船 HTMS CHANG

タイでダイビング:チャーン島のBB Diversでいく沈船 HTMS CHANG

随分と更新が遅れておりますが、4月のチャーン島。

何度目なのか?

悠と二人で週末弾丸ダイビングに行ってきました。

BB Divers Koh Chang

今回も島の最南端バンバオにあるショップのBB DIVERSで潜ってきました。

ド派手なオレンジの目立つ船!

土日とも沈船HTMS CHANGと島周りのサンゴのサイト、ヒン・ルートバートにいきましたが、どっちも素晴らしかった!

とくに沈船チャーン号。

Wreck HTMS Chang 沈船チャーン号

チャーン島の南沖に沈む沈船です。全長100メートルある、大きな沈没船です。まだ、形がはっきりわかるので迫力満点です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ガイドさん一人とドイツからきたダイバーさんに我々親子のチーム。透明度も悪くないです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

普段は船の中のどこかにいることがおおいボスキャラ的なヤイトハタが出迎えてくれました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヤイトハタ、この沈船には多分二匹(二頭?)います。

やたらと警戒心が強い時もあるのですが、今回は船外にでていて、しかも距離を詰めることができました。

船尾のブリッジ

ブリッジに向かいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

船尾のブリッジの周りには、通路がありますのでここに入っていきます。密閉されてはいませんので、ある程度中性浮力がとれれば、簡単に通過できます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブリッジを通り抜けたあたり、船の最後尾あたりは魚がめちゃくちゃに群れています。

この群れがすごいんです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここから、群れに突撃です!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キンセンフエダイ、大好きです!ゆらゆら〜っとしていて、逃げていきません。

群れに入って周りが見えなくなっても、沈船というすごくわかりやすい目印があるので、落ち着いていればロストすることもありません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

テルメアジも大好きです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

金色がキンセンフエダイ、銀色がクロホシフエダイ(イッテンフエダイかも?)

ちょっと船から離れると・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シェベロン・バラクーダの大軍!

そろそろ深度を上げていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中層から上にかけて、若いツバメウオ!

ブリッジの一番上で安全停止です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここはチャーン島周辺のダイビングスポットのなかで、一番人気のところ。

でも、チャーン島自体、カオラックやタオ島のような知名度が、そこまでありません。

なので、有名どころとくらべると、ダイバーの数がそこまで多くない。

これは素敵です。

ベストシーズンは11月から4月。

魚群がほんと素敵なところ。

3月にはここでジンベイザメにもあえています。

カオラックやタオに比べると、そこまで遠くないというのもチャーン島の良いところです。

タイに住んでいる方にはほんとオススメのダイビングスポットです!

今年のベストシーズンはおしまいですが、それでもコンディション次第では潜れるそうなので、オフシーズンも潜りにいくつもりです。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

DIVINGカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。