豚モツと豚の血の朝食:ソンクラーン明けはまだまだ暑いです

豚モツと豚の血の朝食:ソンクラーン明けはまだまだ暑いです

2019年の4月のソンクラーンはタオ島で潜り続けていました。

今週の木曜日からお仕事再開。なんか2日で週末ですから、完全に流しモードです。

さてさて、4月のタイ。ほんとうに暑い。熱い!です。

タオ島ではリゾートの食事がつづいていました。

なので、休暇明の日は、優しい味、しかも暑さに負けないスタミナがつくようなものが食べたくなります。

近所の豚モツスープの食堂で朝食をとりました。

アパートから車で3分のこの食堂。家族で経営されています。お嬢様がとても美しい!・・・料理とはあまりかんけいありませんが。

この日から出勤の人がおおいのかな?お客さんも多かったです。

ここの看板メニューです。

各種豚モツにカリカリ豚(三枚肉)そして、豚の血。豚の血は赤茶の豆腐のような形をしているものです。

タイではどこにでもある朝食の定番だとおもいます。

このお店は、モツすべてに、嫌な匂いがなく、スープはスッキリしていますが、滋養たっぷりの感じがいいのです。そして、

お米。タイ米です。炊いた後、スチーマーにいれて保温しているようなのですが、タイ米の良い香りがして、みずみずしくて、さらりとしています。

自分の胃腸がちょっと弱ってるかかな?というような日にはこれが最高なのです。

もちろん、元気バリバリの時もぜんぜんおいしいのですが。

ブログの更新が遅れております。

ダイビングネタは3月のチャーン島、カオラック、そして4月のタオとネタはあれど、アップできておりません。

ぼちぼちとアップしていきます。

ではでは
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

Bangsaenカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。