シンガポールといえば肉骨茶!黄亞細骨肉茶 NG AH SIO おすすめです。

シンガポールといえば肉骨茶!黄亞細骨肉茶 NG AH SIO おすすめです。

シンガポールといえば、チキンライスか肉骨茶か?ってぐらいにどちらも有名な料理です。

ただどちらもマレーシアのスタイルがあったり、またお店によっても味が違ったり地元の人もリピーターの観光客も、ものすごいコダワリをもっている料理だと思います。

僕はチキンライスも肉骨茶も大好きです。

リトルインディアのインド料理の朝食を楽しんだせいかな?

ランチの時間になると、

肉骨茶が食べたくなりました。

元同僚で、現在何度目かのシンガポール駐在をしているお友達に、最近のおすすめをゲットして、早速いってきました。

黄亞細骨肉茶 NG AH SIO

シンガポール内に何店舗かあり、リトルインディアから徒歩で行けるところにも支店がありました。

ホテルから徒歩圏内の約1キロの距離でした。

店舗

壁の写真は、多分有名人の来客時のものでしょう。

ピークをさけて14時過ぎに行ったので、待つことなくテーブルに案内されましたが。それでもほとんのテーブルは肋骨をしゃぶる人たちで埋め尽くされていました。

このレストランにエアコンはなく、扇風機だけです。

ではでは早速注文。

メニューをみて、オーダーシートに注文数を記入して、注文します。メニューに写真が多く迷うことも無いかとおもいます。まあ、一人なんで、食べれるものも限定されてます。

注文した料理です。

こちらのレストラン、アルコール類はありません。ちょっと残念!

ここは飯!と割り切ってお米をお腹に放り込みましょう!

肉骨茶

マレーシアと違い、スッキリしたスープ!でも、結構コクがあるスープでした。僕はマレーシアでも美味しい肉骨茶に連れて行ってもらったことが何度かありますが、マレーシア風もシンガポール風も好きです。このお店のはシンガポールのなかでは、味にパンチがある方だとおもいます。豚の臭みもなく、コショウのスッキリ感が胃を軽くします。

お肉も柔らかく煮込まれておりますが、お箸で掴むとホロリとくずれる・・・ぐらいまで柔らかくはありません。

そこが肉骨茶です。骨です。

スペアリブにかぶりつくのが醍醐味です。

ガブッと、いけばホロリとなります。

炸油条

肉骨茶のスープに浸して食べます。スッキリスープに油のコク、カレーパンとは全然違うけどにたような距離感の付け合わせです。

これにご飯で、幸せになれました!

今回、一人でいきましたが、一人飯でもぜんぜん問題ないです!

いろいろなものを注文するのは、胃袋の大きさと相談ですが、これぐらいでも十分楽しめます。

おすすめレストランです。必ず行った方がいいです!

ごちそうさまでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

Diningカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。