パタヤのおすすめレストラン:ターミナル21にあるレバノン料理レストラン

パタヤのおすすめレストラン:ターミナル21にあるレバノン料理レストラン

久しぶりにパタヤ飯。

最近すっかりご無沙汰でした。

金曜日の夜から体調を崩して、土曜日はほとんど寝たきり。

日曜日になってリカバリー。

そうするとなんだか肉が食べたい。

でも焼肉じゃなくて、ステーキでもない。

友人に連絡して、パタヤのターミナル21へ!

ターミナル21

パタヤにあるもう一つの有名ショッピングモールのセントラルと比べると、レストランが充実しています。KFCやマック、MKなどの大手チェーンレストランから、幸楽苑、ペッパーランチもあれば、ARONSなどの熟成肉ステーキのレストランまで。

レバノン料理レストランのGrillicious Lebanese by BEIRUT

今回行ったレストランはGrillicious Lebanese by BEIRUT

バンコクで何店舗か展開しているレバノン料理のレストランです。

 

パタヤのターミナル21の1階(日本でいう2階)に位置しております。

店舗はこんな感じです。

お店にはいると、いい匂いが鼻をくすぐります。

お料理!

VINE LEAVES

お米がぶどうの葉に包まれており、オリーブオイルとレモンがかかっている、結構酸っぱい料理です。

レバノン料理の定番メニューです。

ナスのグリル!

見たまんまですが、ガーリク・バターの香りと、焼けたナスの甘みがとてもあいます。

フェタ・チーズのサラダ

グリルの盛り合わせ(大)

この写真では量が伝わりにくいですが、おじさん3人でちょうどいいぐらいでした。

ビーフ、ラム、チキンなどのお肉!

別で頼んだピタパンとヨーグルトのソースと相性バッチリでした。

このグリルのプレートのなかで、上の写真の料理が美味しかった!

ひき肉をあげたものですが、スパイスの加減がいいんです。

サフランライスも付いていました。

レバノン料理。

ギリシャ料理にも近いものがあるとおもいます。
チーズとオリーブ、ラム肉とオニオンにヨーグルト。

肉も多いですが、野菜がおおい!中東の料理なんで肉肉肉!と思っていましたが、野菜もたっぷりです

スパイスも効いておりますが、カレーっぽいスパイスともまた違ったものですし、ガツン!とくるのではなく、ふんわりと鼻の奥を漂うようなスパイスです。

すべての料理!ビールに合います。

ワインは?あうとおもいますが、販売しているか?確認してません!

感想

とってもおいしかった!

パタヤといえばイタリアン、タイシーフード、中華とインド料理が有名ですが、どの料理よりも食べやすいかも。肉も油ギトギトでもなく、スパイスとの相性で、むしろ軽く感じるぐらいです。

デパートの中のレストランは、場所によってはトイレが遠く酒飲みにはちょっとな・・・・とおもっていたのですが、このレストランはトイレにも至近。問題ないです。

レバノン料理。

バンコクではヨーロッパ人から結構な支持があるジャンルの料理です。

でも、パタヤではまだまだ珍しい料理だとおもいます。

立地もいいし、また行きたいレストランです。

なんどもパタヤに来ている方には特におすすめです。

ターミナル21

いろいろなレストランが入っています。

2、3件のハシゴも楽しいかも?と思いました。

ステーキ食べたあとに、ラーメンとか・・・デザートは他のお店に!とか・・・

次回に実行してみます。

ではでは

Pattayaカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。