2018年ソンクラーン タイ南部5日目:ランタ島からチュンポーンへ

2018年ソンクラーン タイ南部5日目:ランタ島からチュンポーンへ

5日目!

いよいよ、ランタ島から出発です。

フェリー乗り場に到着、ここからタイ本土側に車と一緒にわたっていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フェリーを待っていると、小学校の団体らしいご一行が本土側からやってきました。

なんでしょう?旅行かな?

イスラムの子たちで、制服がとてもカラフル。カメラを向けるとみんな笑顔をくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

船旅はあっという間に終わります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

海をわたると、500キロぐらいのドライブ開始!目指すは南部でも最北端のチュンポーン。

ひたすら北上します。

途中で、南部名物の大きな臭い豆、「サトー」とパイナップルが道端で売られていました。

シーズンなのかな?

家にいるカミさんに電話→いっぱい買ってこい!との指令をうけました。

サトーはバンコクやチョンブリーで買うよりも3割程度安かったです。

これ、結構高級な野菜だと思います。

サトーとエビをプリックパオで炒めた料理は南部の名物!

午後3時過ぎに、チュンポーンのホテルに無事到着です。

宿泊したのはこのホテル!(下の大きな文字をクリックするとホテルのホームページに飛びます。)

HOP INN

タイのビジネスホテルチェーンです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

部屋は狭く、必要最低限の設備ですが清潔です。

寝るだけの一泊なのでなんの問題もありません。

朝食はついていません。ホテルロビーの横に無料のコーヒーがある程度。

でも、歩いて行ける範囲に食堂もコンビニもあるので、これで十分です。

このホテルの良いところ!

チュンポーンの街の中心に近いところにありますが、駐車場がある!

清潔!

この二点です。車をホテルに泊めて、あとは徒歩で回れます。

 

ちょっと街を散策してみます。

実は大学生の時に一度だけ泊ったことがある街です。

タイ南部の街、スラータニーとかもそうですが、華僑の香りが濃い!

チュンポーンも例外ではなく、このような中華系の会館がいまでも残っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チュンポーンは鉄道、バスで南部を目指す時、トランジットで立ち寄る宿場町。タオ島へのフェリーも出ています。逆にこの街だけを目的に来る人はあんまりいないかも。

確かに、観光としてはあまり見所がないかもしれません。ですが、タイ南部の最北、でもまだまだ南部なんです。そういった風情があります。

鉄道駅に行ってみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昔の蒸気機関車が駅前通りに設置されています。

あまりこういったのに興味ないんですが・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

現役のディーゼル車をみると旅情がわいてきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まだ続きます。

次回はチュンポーンのお食事です!

ではでは
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

2018ソンクラーン:タイ南部カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。