2018年チェンライの旅:ラオス国境の山プーチーファー(Phu Chi Fa)に登ります!

2018年チェンライの旅:ラオス国境の山プーチーファー(Phu Chi Fa)に登ります!

天の川を撮影!

星空ですので、光害がすくなく、なるべくキレイな空気のところに行く必要があります。

そこで選んだのがチェンライ県のラオスとの国境にそびえる山のプー・チー・ファー。

なぜプーチーファー?

 国立公園になっておりますが、自動車で山頂の一歩手前ぐらいまで上がって、そこから頂上まで30分ぐらい歩くと到着!というかなりお気軽な1600メートルの山なのです。
本格的なトレッキングもしたいのですが、今回は星の撮影なので、カメラの機材などが重い!、というわけで、サクッと登れる山を選びました。
そして、月の影響があまりない週末を選定し、いざ決行!
しかし、タイは雨期!といっても、6月なのでそこまで雲は厚くないかな?とここだけはお天気なので、運任せで行きました。
天の川が無理でも、朝焼けや夕焼け、ほかの風景でもなんかしらいい写真撮れるだろう?まあ、男4人の二泊三日楽しければいいや!という旅。
現地到着後、夜になる前にまずはロケーションの確認に、徒歩30分の山を登ってきました。
エリア全体はこんな感じです。

写真中央のツノのような出っ張りが山頂です!

そして、白く見えるのが登山口となる駐車場。

ではスタート!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
道中はこんな感じです。
30分後
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

簡単に登頂成功!

とても良い見晴らしです。
眼下にはラオスの村、遠くにメコン川も見れます。
山頂から一段おりたところから撮影。
そして・・・結構涼しい!
夕方の風景を撮影。夜の撮影に備えて、いろいろ見て回ります。
そうしていると、こんな風景に・・・

ロードオブザリングのような景色に早変わり。

そして、頂上付近はすっぽりと雲の中。

霧っぽくなってくると、足元がかなり滑ります。
これは危険かな?ということでこの日は下山。
明日もある!ということで、晩酌タイム。
で、ふもとの小さな町、いや集落にいきました。

かなり閑散としています。

プーチーファー、乾季には観光客であふれるところのようですが、雨期はシーズンオフ。
それはしっておりましたが、オフのレベルがすごいです。ホテルなどないところで、宿泊は主にゲストハウスになりますが、ほとんどのゲストハウスが閉まっています。
なので、レストランも同様・・・・
レストランはかろうじて2件開いていましたが、営業しているというかレストランの店主一家が家族でご飯を食べている・・・・という感じでした。
久しぶりに僻地にきたな!とワクワクです。
現金が少なかったので、ATMのある場所を聞いたのですが、30キロ離れた街に行かないと無い!
良い感じです。

今回のお宿:Phu Chi Fa Twin View Resot

リゾートというより、ゲストハウスです。

山の斜面にへばりつく、二棟4部屋のゲストハウスです。

4部屋とも我々で貸切!

一泊400バーツです。

エアコンは着いていませんが、夜は寒いぐらいなので、必要ありません。

ホットシャワーがありがたい!

まだまだ、つづく!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2018年チェンライの旅カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。