カレー+ココナッツではない、もう一つのカオソーイ:ラーン・パー・オーン(オーンおばさんの家)

カレー+ココナッツではない、もう一つのカオソーイ:ラーン・パー・オーン(オーンおばさんの家)

チェンコーンのおしゃれなカフェで軽めの食事をしながら、スマホをいじりながら次の作戦を練ります。面白そうな情報がありました。

Khao Soi Shipseong Banna

英語表記がこれであっているのか?ちょっと疑問です。

カオソーイといえば、チェンマイのカレーとココナッツのスープに、バミーが入った料理が一般的です。タイ国内にいるタイ人外国人とはず、99パーセント、黄色いスープを思い浮かべると思います

ここのレストランのカオソーイは違うんです。

ラオス風カオソーイ、とか、雲南風カオソーイとか呼ばれている黄色くないカオソーイがあるようなのです。

カフェでクイティオを食べ終わると、すぐにそのレストランに向かいました。

地元や観光客にもそこそこ有名な店のようで、芸能人も多数きているようです。

店内はこじゃれた雰囲気とどローカルの雰囲気が混ざったようなインテリア

ではでは、ここの名物のラオス風のカオソーイを注文です。

カオソーイ=カレー+ココナッツという固定観念を覆してる、スープ!

挽肉がはいった辛みそのような物が特徴です。

いわいるチェンマイのカオソーイとは全く別物。

スープはあっさりとしていますが、出汁が聞いていて、辛みそとの相性がいいです。ポークのつみれは弾力ある歯ごたえ。

完全に中華料理の麺!

タイに20年ぐらい住んでいますが、こんなカオソーイ全く知りませんでした。

新発見は嬉しい!そしておいしい!

インフォメーション

駐車場はありませんが、路駐する場所にはこまりません。

予算:一人150バーツ程度で十分。

チェンコーンに行ったら、ぜひ!

2018年チェンライの旅カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。