定番中の定番のタイ料理:パッ・シィゥユ ผัดซีอิ๊ว

定番中の定番のタイ料理:パッ・シィゥユ ผัดซีอิ๊ว

工業団地のランチです。

我が社は小さい工場でのすので、社食がありません。

なので、基本自炊か外食。

外食の7割は工場裏の食堂です。

屋根はあって、壁がない。屋根の下には数種類の屋台みたいな食堂がはいっている、どこにでもある食堂です。

ではでは、とある日のランチです。

食堂に入ると、主人のマドンナから「今日は米が切れた!米はだせない」と先制パンチ。

しかも、マドンナ自ら料理をサーブするぐらいの忙しさ。

なので、このお店では数少ない麺料理を注文。

パッ・シィゥユ ผัดซีอิ๊ว

幅広の米麺を炒めた料理です。

他の麺の料理の場合、麺の種類を聞かれるのですがこの料理は自動でセンヤイになります。

注文すれば他の麺でも作ってくれそうだけど。

クイティオ・センヤイに野菜は大体の場合はカナーが入っています。

タンパク質は豚、鳥が定番ですが、リゾートなどいけばシーフードの場合もあります。

具材を中華醤油とナンプラーで炒めて、最後に卵かけて出来上がり。

極めてシンプルな料理です。

米麺のモチモチ感と若干焦げた感じとのバランスが味の決めてかな?

作ってる本人は忙しくて、そんな事考えていないと思うけど。

ご飯物に飽きた時の逃げ道になったりもするこの料理。

週一ぐらいで食べてます。

ごちそうさまでした。

 

 

アマタナコーンカテゴリの最新記事