タイでダイビング:ラヨーン県のアルハンブラ・ロック

タイでダイビング:ラヨーン県のアルハンブラ・ロック

10月後半にいったラヨーンでのダイビングのお話の続きです。

前日のタル島周辺は濁り+ハウジングへの浸水で、気分は撃沈していました。ハウジング、ポートを清掃して組み直して、リベンジです。

アルハンブラ・ロック

タイ語では「ヒン・プーン」と呼ばれるところで、海中に大きな岩があるポイントです。周辺はだだっ広い砂地。そこに巨大な岩の塊がポツンと・・・タオ島のチュンポン・ピナクルとかと似たような条件なのかな?

ビーチを出航して2時間かけてこのポイントに到着です。

いざ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

やや濁りはあるものの、昨日ほどではありません。マブタシマアジの群れが迎えてくれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キンセンフエダイの大群!かなりの量です。

びっくり!

魚の群れがすごく大きいのです!まさしくチュンポン・ピナクル!

水深は最深部でも19メートル。それほど深くないです。

見どころ

サンゴもすごかったです。大きくてきれい!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

海亀、タイマイでてきてくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

メラメラしたコブシメ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ひらひらのミノカサゴ。ゆっくりと写真取らせてくれるファッションモデルのようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岩の上のほうが、イソギンチャクの草原でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

感想

バンコクから日帰り圏内で、こんなに素晴らしいところがあったのね!と正直おどろきました。

アルハンブラロックはビーチから二時間なんで、船上にいる時間がそれなりに長くなります。この日は一日3本潜れたので良いのですが、日によっては2本だけのときもあるようです。2本だけだと、物足りないかも。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

この日はちょうど乾季に入ったばかりのタイミング。ですので、そこまで水は澄んではいないようです。「これからコンディションはどんどんと良くなっていく!」という一言を聞いて、翌週の予約してしまいました!

たのしいダイビングでした!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

 

つれづれカテゴリの最新記事