タイDEダイビング:ラヨンのダイビングショップ RAYONG DIVE CENTER

タイDEダイビング:ラヨンのダイビングショップ RAYONG DIVE CENTER

ラヨーンでダイビング

 

パタヤにはダイブショップがあり、パタヤ沖やサメサン沖のダイビングができます。
このあたりの情報は英語で検索すれば、かなりの情報が入手できると思います。
パタヤのあるチョンブリー県の東隣に位置するラヨーン県。このあたりも沖に小島があるので、ダイビングスポットがあるはず・・・とGoogleで検索。
ヒットしたのが、Rayong Dive Center。
早速連絡しましたが、その時の週末はまだ空きがあると、すぐにOKの返事!
フェイスブックのメッセージをつかってやり取りしましたが、なんと日本語OKです。
この日はドンムアン空港にも近い、運河のお家から悠と一緒に出発です。
片道3時間のドライブ!余裕をみて午前3時に出発。道のりの半分は高速道路、あとはゴム農園の中をひたすら南東にはしります。
到着!

ダイブショップ

ダイブショップはビーチに面してて、素敵なリゾートのようでした。
ダイブショップにはゲストハウスがあり、宿泊ができます。
レストランもあるようですが、今回はまだシーズンオフなのか、朝食だけの営業でした。
小さな売店があるので、飲み物などは買う事ができます。
ショップにはダイビング後にも利用可能なシャワールームがあります。
ビーチはオフシーズンだからなのか?人がすくなく静かです。

ゲストハウス

今回は土日でダイビングでしたので、併設しているゲストハウスに宿泊。
スタジオ・ルームで2000バーツはちょっと高い!けど、ソファーベッドを使えば、4人ぐらいは泊れそうなので、人数がいればお得かも。
部屋は広く、シャワールームは二つ!親子二人でパタヤに泊まると、1200バーツ程度。単純比較はできませんが、もうちょっと安い部屋があったらいいのになぁ、とは思います。
部屋から20メートルぐらいでビーチ。
そこから、ゴムボートにのっておきに停泊しているダイビング船に乗り込みます。

ダイビング船

ちょっとびっくり!清潔で整理整頓が行き届いております。
シャワー付きのトイレが、なんと4部屋も。かなり広いです!シャワーの水はもちろん真水です。
エアコンが効いたリビングルーム。寒くないのか?とおもいましたが、タイ人ダイバーはみんなこのお部屋にいました。
船には食事や飲み物をサーブする専門のスタッフの方がいました。
ソフトドリンク、ランチはダイビング料金に含まれています。ランチは美味しかった!
これはいい!とおもったのが、タオルまで用意してあることです。
一本目が終わって、船に戻ると、ボートクルーからタオルを渡されたときは感動しました!
二階はドライゾーン。広々していて快適でした。
船長の部屋が汚かったり、エンジンルームの整理整頓がめちゃめちゃだったりするもんですが、この船はそういうところが完璧!
快適でした!
一階は機材置き場。
次回ダイビング編につづきます。
ショップにいる、かわいい犬が遊んでくれます。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

DIVINGカテゴリの最新記事