タイDEダイビング No.24&25 サメサン沖の沈没船

タイDEダイビング No.24&25 サメサン沖の沈没船

ダイビング報告です。相変わらず順序は滅茶苦茶です。過去の写真か記憶を掘り出してかいております。

バンセンから車で40分。ジョムティエンにあるダイビングショップに申し込んで、チョンブリー県のサメサン沖でダイビングをしてきました。

お天気は最高!

24:Hardeep Wrek  沈船 Suddhadib号

1945年の6月1日に、爆撃と機雷によって沈没した船です。もともとは貨物・客船でしたが、日本軍に徴用されて運搬船をしていたようです。

当日は川か?ってぐらいに流れが速い!

ブイからロープを手繰りながら、沈船に到着しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

沈没してから75年です。濁りのせいもありますが、原形が分らないぐらい崩れています。

安定のパタヤグリーンの海
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お魚はあんまり見かけませんでした。

安定の緑
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最大の水深は25メートル。潜航時に流れがかなり強く、空気をいっぱい使ってしまいました。安全停止はブイのロープに鯉のぼり状態で3分。

感想

船はかなり崩壊してしまっています。ただ70年以上も前に戦争で沈んだというあまりない沈船です。全景がみえたら楽しかったかもしれません。

この日はお魚はあまり出会えませんでした。

ここのポイントは「流れや、濁りで、ダイビングスキルが鍛えられる!」事だと思います!

25本目 Koh Rong Nang

浅いところでサンゴの間でお魚をみてすごしました。

ポイント名はロンナン島沖。

アヤメエビス
アオマダラエイ
オニオコゼかな?自信がありません。

感想

この日は天気もよく、浅いサンゴの海でゆっくりとお魚探すのは本当に楽しかったです。一緒にいった友達もたのしんでくれたようで、ダイビング仲間が増えた日でもあります。

サメサンの街。

よい一日でした。

記録

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

DIVINGカテゴリの最新記事