バンコクからタオ島への行き方:ロンプラヤのバス&フェリー

バンコクからタオ島への行き方:ロンプラヤのバス&フェリー

タオ島 Koh Tao

ダイビングのオープンウォーターを習得して直ぐにタオ島にダイビングにいきました。初回は自分で運転していきましたが、バンコクからかなり簡単に来れます。バンコクータオ島間は、いろいろな交通手段があります。

安くて簡単なのがバスとフェリー。

タイ本土の街、スラータニーやチュンポンからタオ島、サムイ島、パンガン島などの間もフェリーを運行するロンプラヤというフェリー会社がありますが、このロンンプラヤ社がバンコクとチュンポンを結ぶバスも運行しております。
同じ会社のバスとフェリーです。
チュンポン発 07:00、13:00のフェリーに接続出来るタイミングでバスが運行されています。
今回は朝07:00のフェリーに接続する、前日夜21:00発のバスでバンコクを出発しました。
WEBサイトでは記載されていない手続きがありますので、紹介します。
同じ会社が運行しているので、バスとフェリーを別々に手配する必要はなく、バンコク−タオ島とバスとフェリーのジョイントチケットを手配できます。予約から支払いまでWebで完結できます。
簡単な英語がわかり、クレジットカードがあれば手配はすぐできます。
https://lomprayah.com/booking
バスはエカマイの東部方面バスターミナルや南部バスターミナルからではなく、かつてバックパッカーのメッカと言われたカオサンロードに近いロンプラヤのバンコク事務所から出発となります。

チェックイン

WEBサイトに情報があまり出ていない(でてるかもしれませんが、ぱっと見わかりません)ので注意が必要なのですが、バスとフェリー、チェックインが必要です。現状の手続きを書いておきます。

21:00出発のバスですが、19:30にこの事務所でチェックイン手続きが開始されます。
チェックイン前でも大きな荷物はこの事務所の前に置いて置く事ができます。置く事が出来ますが、管理して預かってくれると言う訳ではないです。あくまでも自己責任。
チェックイン
Web手配のコンファメーションや旅行会社発行のチケットとパスポートが必要になります。タイの運転免許証を出して見ましたが、こちらでもOKでした。

フェリーですが、チュンポンを出ると、ナンユアン島、タオ島、パンガン島、サムイ島と順に巡って行きます。それぞれの行き先別の搭乗券が発行されます。また、バスが複数出る事があります。なので行き先や、バスの号車が判別できるように下記のものが発行されます。

1.バスと座席を識別する為、番号が書かれた色テープ
2.行き先が書かれたステッカー。乗客用
3.行き先が書かれたタグ。預け荷物用
3.フェリーの搭乗券
4.復路も手配している場合は復路のチケット。
ステッカー。緑の色はバスが複数台あるとき、この色で自分のバスを判別します。緑のステッカーの上の数字はバスの座席番号。まるいピンクのステッカーはフェリー用。ナンユアン島、タオ島、パンガン島、サムイ島と各島にとまるので、その識別です。ピンクはタオ島です。
預け荷物がある場合、荷物に行き先の書いたタグをつけます。
上のピンクの紙は往復で予約している場合の、復路のチケットです。写真下の青と白の紙はバスとフェリーのボーディング・パスとなります。

チェックインの時間前にオフィス前で待っていることをオススメします。

日によっては、かなり混雑すること、そして、バスの席は早いもの勝ちで座席指定できるからです。

チェックインが終わると、20:30にまたこの事務所前に集合になります。ただ混んでいる時はチェック・イン待ちで一時間以上かかるときもあります。
チェックイン待ち。並び方もぐちゃぐちゃ、作業はとてもスローです。が、置いていかれる事はないので、気長に待ちましょう。
早くチェックインが終われば、近くにバーやレストランがあるので暇つぶしできます。
事務所の周りにはレストラン、バーがいっぱい。

20:30に再集合する時には上記の1と2を服の目立つところに貼っておきます。また3も預け荷物の目立つところに貼って置きます。
時間になると係員が乗客をバスまで案内します。事務所から5分ほど歩いた所から、バスに乗車する事になります。
この時にバスが複数ある時、テープの色で自分のバスを判別しますが、その案内が係員の案内だけですので聞き逃さないでください。バスは座席は指定になっており、テープの上に書かれた数字が自分の座席です
バスの車内にトイレがあります。が結構揺れるのであらかじめトイレは済ませておいたほうがいいと思います。
21:20ぐらいに出発。ひたすら南下します。

休憩所

途中、02:30ぐらい、ワナコーンビーチを過ぎたあたりで一度30分の休憩があります。
食堂は初めにプリペイド・カードを買い、そのカードで支払います。残金がある場合は買ったカウンターで払い戻しが出来ます。最初の金額はいくらでもいいのですが、一人100バーツあれば、食事+飲み物で十分お釣りが来ます。

フェリー桟橋に到着

この日は05:00にチュンポンのロンプラヤのフェリー乗り場に到着しました。
船着場にはコンビニ、食堂、カフェがあります。出航の07:00までここでダラダラと過ごす事になります。

注意!

バスとフェリーのジョイントチケットの場合はフェリーの搭乗券がすでにバンコクで発券されているので、ここでは何の手続きもありません。フェリーだけのチケット、チュンポンの飛行場からのミニバスとフェリー、自分の車で来た場合はここでチェックインが必要になります
バンコクからのバス&フェリー、鉄道チュンポン駅からのバス&フェリーはすでにフェリーのチェックインは終えていますので、ここでチェックインの必要はありません(2018年10月現在、その後のことはご自身でご確認ねがいます)
搭乗券がすでにある場合は、預け荷物はこのボーディングの看板の前に置いて置くと良いと思います。
乗船の際にはこの列の先頭から乗船になります。待ち時間が短いのと、フェリーの席は指定ではないので、早く乗船した方が好きな席を選べます。

フェリーの席。

あまり知られていませんが、席は3つのカテゴリーがあります。

普通席

エアコンが効いている室内の普通席
ファラン御用達の屋外席

VIP 席:100バーツ追加

VIPとEXCUSIVEの席は部屋も別になっています。

Exclusive席:200バーツ追加

飲み物がついております。が室内飲食禁止の看板が・・・まあマイペンライ

こちらの有料席ですが事前予約はできず、早いもの勝ちです。

当日席に勝手に座り、係員がきたら料金を支払います。

普通席の注意!

普通席ですが、船内もあれば船外もあります。
混んでいる時は注意が必要です。船内の席が満席になってしまうと、船外の席しか無い事があります。雨降っても、風が強く波をかぶるような時でも、船外。実際にびしょ濡れになった乗客を見た事があります。

有料席のメリット

タオ島まで1時間45分。パンガン島やサムイはもっと時間がかかります。
この時間が長く感じるか、短く感じるかは人によると思いますが、僕はこの席を使います。
バスや鉄道、自分で運転、どんな移動手段でもチュンポンに来ると、やはり疲労があります。
そしてタオ島についたら、午後からすぐにダイビング。
ここはリラックスして体力をリカバリーしたい。
ちなみに船内はどの部屋もエアコンがアホのようにキンキンに効いています。防寒対策を忘れると真剣に体調を崩すレベルです!
フェリーはナンユアン島経由でタオ島に到着します。
ホテルやダイブショップに送迎を頼んでいれば、この桟橋の奥にお迎えの方が、看板もってまっています。
めでたく、タオ島到着です!

感想!

時間とコストのバランスは一番いい方法だと思います。

バンコクからタオ島まで大人一人1,100バーツ。安いと思います。
バスもまあまあ快適、バスのトイレも使用可能な程度で清潔。
バンコクを夜でて、朝のフェリーに乗れるので、午後にはダイビングが可能。
また復路は午後のフェリーのすれば、帰る日の午前もダイビング可能。
カオサンロードから出発というのは宿泊しているエリアによって便利だったり、不便だったりだと思います。
鉄道、飛行機なども後日アップしていきます。
ではでは

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

 

DIVINGカテゴリの最新記事