2018年チェンライの旅:プーチーファーから山沿いを走り、ラオスとの国境の街チェンコーンへ

2018年チェンライの旅:プーチーファーから山沿いを走り、ラオスとの国境の街チェンコーンへ

翌朝

真っ暗なうちから、プーチーファーに登ります。

昨晩は夕陽も星もダメでした。次は朝日を狙います。

しかし・・・

日の出時刻は時計を確認しないとわからないほどの霧。雲海の名所ですが、今は雲の中にすっぽりと入っております。日の出30分後の風景です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これはこれで、幻想的ではあります・・・

ツルツルになった道をあるいて

撤収です!

夕日をのタイミングでもう一度登頂しますが、それまでやることなし・・・プーチーファーにいてもどうしようもないので、思いきって、ラオスとの国境の街、チェンコーンまでドライブに行くことにしました。

ドライブ開始!

クネクネと曲がる山脈の尾根伝いに伸びる山道を走ります。

山深くの集落。山岳民族の方が多く暮らしているようです。農作業に向かう皆さんの中にも、お土産屋で売っていそうな少数民族の衣装を着た方がいました。

そんな山の中の集落の食堂で遅い朝食です。

山岳民族もおおい集落で朝食です。

朝食は米の麺。クイティオです。

米麺のクイティオ

20年ぐらい前にこのあたりを旅行したことがありますが、その時印象的だった、子供たちの笑顔や、薪や炭を燃やした時にでる煤けた匂い。あまり変わっていませんでした。

こんな村が山々の中に点在しております。元気なうちは楽しいドライブです。

プーチーチャーを出てから2時間ぐらいで、チェンコーンに到着です!

メコン川の向こうはラオス!

20年前はこの川を渡りラオスを旅したんだなぁ、となんだか感慨深かったです。

チェンコーンに着いてはまた書きます。

ではでは
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2018年チェンライの旅カテゴリの最新記事