Cafe De Amis

先日、久しぶりにCafe De Amisでお食事でした。

キレイな彼女とではなく、おじさん二人で。

ジョムティエン含んだパタヤエリアのレストランの中では、トップエンドのレストランだと思います。雰囲気も味も本当に素敵!お値段も高いけど。

Cafe De Amis

しずかな住宅街の中にある、邸宅のようなレストランです。

通常、入店するとバー・ラウンジに通され、ここで食前酒を頼みます。

テーブルの準備がおわると席に案内されます。

テーブルに着いたら、ワインに切り替えです。

では、お料理のスタートです。今回はアラカルトで注文しておりますが、コースもあります。

前菜は日本からやってきたホタテ!いろいろなソースで楽しめますが、マンゴーサルサソースがアジアっぽいテイストで印象に残りました。

カニの身のレタス包み。

このメニューが好きで今まで何度か注文したことがありますが、毎回、姿が変わっております。前回は塩でしっとりさせたレタスでしたが、今回は新鮮なパリッとしたレタスになっていました。

メインはラム

このレストランのシグニチャーメニューになっているビーフ・ウエリントン。

どちらも火の通し加減が絶妙です。

付け合わせとの相性もいいです。

 

せっかくなのでデザートも。甘さは控えめじゃないです。ずっしりとした濃厚な味のデザートです。

デザートの後は160種類あるジンからおすすめのジンをトニックで頂きました。

安い酒屋のジントニックもそれはそれでいいのですが、こういうジントニック飲むと、こんなのあったんだ!と認識が変わります。

料金は注文する料理、特にワインで大きくかわりますが、だいたい一人4,000バーツ弱ぐらいです。

ドレスコードがありますが、スマートカジュアルで十分です。短パンでも襟なしでも大丈夫ですが、スマートならばOKとのこと。サンダルもビーチサンダルでない、クロックスみたいなタイプのなら問題ないと思われます。ランニングシャツに、バスケでつかような短パンはダメっぽい。

そんなに気張らなくても大丈夫です。予約はかならずした方がいいと思います。

パタヤでたまにはこんなレストランも楽しいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

Diningカテゴリの最新記事