パタヤ Phra Tam Nakのフレンチ:On The Hill-Your French Bistro

パタヤ Phra Tam Nakのフレンチ:On The Hill-Your French Bistro

パタヤヒルと呼ばれている、Phra Tam Nak プラ・タムナック。

パタヤの街中にくらべるとずいぶんと静かなエリア。

題名をフレンチと書きましたが、今回行ったレストランの名前にフレンチ・ビストロとあっただけで、それが本当におフランス料理なのか?フランスに行ったことのない僕にはわかりません。

でも、おいしかったのでご紹介です。

レストランのお名前は

On THe Hill- Your French  Bistro

場所はここ。

新しいレストランでまだGoogle Mapで探しても、まだ出てこないようです。

このプラタムナック周辺New Nordicというグループがホテル、バンガロー、サービスアパートなどなどを展開しており、似たようなカラーで統一されています。

このレストランもそのホテル郡の一角にあります。

レストランの入り口はこんな感じ。

かなりこじんまりとしたレストランですが、通りに面しているで、それなりに目立っています。

オシャレ感たっぷりの店内ですが、レストランができて間もない為か、お客さんは僕一人でした。平日の夜、ちょびっとさびしい。

メニューをみましたが、それほど品数は多くないのですが、逆に、注文に迷わなくて良い!

ビールはクラフト・ビールが数種類とタイのビール。ワインはグラスで注文できました。

まずはクラフトビールで乾杯。

アメリカのクラフトビール、Tomahawk THB220でした。

前菜はチキンレバーのパテ

チキンレバーとオリーブのパテ。これで120バーツは安い!

チキンレバーのパテのほかに、緑色のパテが付いています。これはオリーブのパテでした!どっちもそれなりの量があります。パンの量が倍ぐらいあったら、量的にちょうどいいバランス。

こってりとしたチキンのレバーと、さっぱり目のオリーブのパテ。

オリーブのパテが予想外で、とてもおいしい!

これで120バーツは他の洋食レストランとくらべるとずいぶんと安く感じます。

メインはこちら。バラムンディーのグリル

バラムンディーのグリル。380バーツ。

ソースはトマトベースにオニオンと茄子、アスパラがはいっています。

その上にマッシュポテト、厚切りのバラムンディーのグリルがサンドイッチ。

余談ですが、バラムンディーは日本語でスズキと訳されたりしますが、スズキではなく、アカメにかなり近いお魚の事。ちなみにスズキは正確にはシーバスとなります。実は釣り好きな私は魚の英訳和訳の細かいところが気になります。

バラムンディー、タイではプラー・カポンと呼ばれ広く流通しているお魚で、テーブルにあがるのはほぼ全量養殖のお魚と思われます。

この切り身の大きさからすると、かなりの大物です!

純粋な海水魚とくらべると、独特な臭いがちょっとあります。なので、このような調理方法がいいかな?

ドンピシャでした。この料理は一流レストランみたいな味でとっても美味しかった!

Sticky toffee pudding 130バーツ

デザートのSticky Toffee Pudding。プリンとアイスクリームのどこまでがこのレストランの厨房で作られているのか?興味がありますが、気にはしません。

どっしりとしたた甘さ。たまにはこれぐらい甘い物を食べてもいいのです。

途中でワインを飲んでいますが、グラスで150バーツ。

全部で943.94バーツ、VATがかかるレストランですので、合計で1,010バーツ。

3品で、このクオリティーを考えたら、パタヤでも安い方だとおもいます。

一人で3品食べれる量も素敵です。また行ってみたいレストランでした!

 

 

Diningカテゴリの最新記事