パタヤのタイ料理レストラン:MAYs Urban Thai Dine

パタヤのタイ料理レストラン:MAYs Urban Thai Dine
先週末、従兄がタイに遊びにきました。
ドバイの出張帰りに、タイに立ち寄り、そしてタイ料理が食べたい!というリクエスト。
毎回、タイ料理のリクエストがあると、ちょっと悩んでしまいます。
普段タイ料理をたべていますが、工業団地の食堂。ご飯におかずが乗った一皿料理。
この手のタイ料理はよく食べますが、ちょっとかしこまったようなレストランには長らくいっていません。とくにパタヤ周辺ではタイ料理レストランにいったことはほぼなく、洋食一筋!でした。
パタヤ、観光地のタイレストラン。
いかにも!っていう内装のレストランはありそうなんですけど、味は?
お皿とか風景はいいみたいだけど、肝心の味はまあまあ・・・っていう評判のレストランはよく聞きますが、ここは美味しい!っていうタイ料理レストランをしりません。
ならば・・・といろいろWEBで情報収集して、いったところはこのレストラン!

MAYs Urban Thai Dine

https://mays.restaurant/

サウスパタヤのもう一つ南のテパシット・ロードに面した、小さなタイ料理レストラン。車の場合、レストランに駐車場はないので、近くで路駐できるところを探す事になります。
小さい室内、シンプルな飾りつけのレストランです。
お昼ちょっと前、開店と同時に入店したので、まだ他のお客さんはいませんでした。
店内のインテリア。ゴテゴテとしておらず、シンプルです。シンプルなのですが、安っぽくもなく、緊張するほどのオシャレ感の主張もなく、男二人でもリラックスできる雰囲気です。

今回のメニューです。

 料理の前に、冷たいおしぼりと、パイナップルとハーブがミックスされた飲み物が出てきました。
つきだし。タイ料理なので、突き出しと言うのか?ですが、トート・マン・クンが出てきました。エビですが完全にすり身にまでしておらず、エビの身が感じられ、プリッとした食感が残っていました。
 ソムタム+焼き手長海老。
屋台や市場の味が本物だ!と言われがちな料理のソムタム。ですが、お上品なソムタムもとても美味しい!味がマイルドでソムタムではありますが、異次元の味。辛味は結構ガツンときました。
ガイ・ホー・バイトゥーイ。鳥のから揚げです。バイトゥーイという甘い香りのする葉で包まれて、揚げられています。鳥はあらかじめ、スパイスがつけられていて、甘くてスパイシーは唐揚げです。
これはこのレストランのシグネチュアー・メニュー!

May’s Curry with Duck

ココナッツミルクがまるでクリームのようでとてもマイルド。それでもハーブとスパイスがやんわりと効いているのです。これは、屋台や市場では真似できない味です。
そしてもう一品。トム・カー・ガイ。
このレストランはココナッツミルクの使い方が特徴的です。
カーの強烈な香りがクリームのようなココナッツミルクでフンワリと包まれていました。
タイと西洋料理のミックスでもなく、純粋なタイ料理レストランでした。
純粋なタイ料理ですが、王宮料理でもなく、屋台料理でもない。
観光客向けにマイルドになったタイ料理とも違います。
なんとも表現が難しいですが、進化したタイ料理!と言ったところでしょうか。
久しぶりのタイ料理でしたが、とても美味しかったです。
これらの料理とビールを数本飲んで、1,200バーツ程度でした。
お財布に優しい価格設定でした。
入店時は誰もいませんでしたが、その後、地元のタイ人、旅行者と思われる欧米人のお客さんで気がつけば、満席でした。座席数もそこまで多いレストランではないので、土日に行くときは予約したほうが良いと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

Diningカテゴリの最新記事