クイブリ国立公園で象を見れたことは先日のブログで報告しております。

象観察が終わるのが18:00の予定。そのまま、クイブリ国立公園無いのキャンプサイトにテントを設営して泊まる予定でした。

象観察の前に、一度キャンプサイトを見ておこうと、先に足を運びました。場所はクイブリ国立公園のところで載せておりますので、そちらを参照願います。

公園事務所の方にキャンプの希望を伝えると・・・・なんか困った顔しています。

「この事務所の建物の中なら、テント張っていいですよ」と奇妙な回答。私のテントは自立式では無いため、コンクリートの上には設営できません。なので「建物のちょっと出たところに設営できないですか?」と聞いたところ、この国立公園らしい回答が。

「最近、象がキャンプサイト内に出没するんだよね。そこのトイレの建物の前まで来たし・・・。建物の中に入っていればまあ、安全だけど、建物の外だと象さんがやってくる可能性が高いんだよね」

無理です。素直に諦めましょう。

以前、ここから100キロほど南に行った、ナワコーンビーチ国立公園でキャンプをした事があります。目の前は綺麗な海!というタイでは滅多にないキャンプサイトです。

決断は早い方です。ホテル泊という選択肢もありましたが、キャンプにきたのです!

象観察が終わると一路、車で南に向かいます。

場所はここです!


到着した時には、すでに日没後の19:00近く。

ヘッドランプつけて、すぐにテント設営です。僕はテント設営を進めて、息子は車から荷物の運搬を行なっていきました。

19:40タープも含めてテント設営完了です!

そこで、息子もくたばって、すぐに寝るかと思ったら、全然元気!という事で

キャンプ飯!

今回はピザです!

生地はあらかじめ、家で仕込んで来ておりますが、発酵が進んで、フワフワな状態。一回ガスを抜いてすぐに成型です。

ダッチオーブンで焼きます!

完成〜!

ビーチに特別テーブルをセットして、いただきます!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

僕はこっちです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このキャンプ場。天気が良ければビーチでテーブルを出してウイスキーを楽しめます。前回も台湾ウイスキーで楽しみましたが、今回は日本のウイスキー。

格別です!息子と男二人のキャンプ。寝る時間なんて関係ありません。日付が変わるぐらいまでピザ焼きました!

朝です!

普段いるバンセンとは違い、こちら側は海から朝日が昇ります!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

翌朝のご飯

マルちゃん正麺のインスタントルードル。

今回は、夕食一点豪華主義。あとは徹底的に手を抜き、片付けをしやすくしました。

でも、こっちは手を抜けません。

僕がテントを片付けている間に、悠は水遊び。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回二度目の宿泊ですが、ビーチが綺麗で、キャンプ場もよく管理されていて良いところです。何よりも人が少ないのが最高!

バンコク方面への帰りは早めがオススメ。前回の反省から9時には帰宅の途につきました。

350キロの行程を4時間30分、ちょっと渋滞しましたが、まあいい感じで帰れました。

感想!

ワナコーン・ビーチはタイでおすすめできるキャンプ場です。タイのキャンプでよく見かける、大音量ピックアップトラックがいなければ、スクーターの暴走若者もいない。

キャンプ好きが、ビーチを楽しんでいるところです。

今回夕食だけ、ピザを作りましたが、朝はインスタントで簡単にして見ました。撤収がかなり楽になりました。ここはレストランが付いているので、そこで食べてもいいかもしれません。渋滞がすごい南からバンコクに戻る道。早めの撤収で大正解でした。

 

 

ではでは
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA