台湾のご飯の続きです。
今回は左足のギブスがとれたばかりで、まだまだ歩行が困難でした。なので、一人のときは基本ホテルの近くのレストランにいっておりました。
ふらりと入ったのが、うどん屋でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この時は気がつきませんでしたが、ここもチェーン店のようで、その後街中でおなじレストランを何件か見かけました。

面白い位置にキッチンついていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

注文はここも漢字テスト。


漢字オンリーでここまで書かれると、読むのも嫌になりまっす・・・が日本人なんで何となくわかる。
そして、店員さんが助けてくれます。
頼んだのは蝦の雲吞がはいった饂飩。

そして、ショーケースにあったおかず。
ビールは残念ながらお店に置いてありませんでした。

まずはショーケースに入っていたオカズ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゆばでした。アッサリとした醤油味。

キッチンでは店員さんが早速蝦雲吞らしきものを作っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、饂飩をさっと茹でて5分ほどで完成。
早い!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いただきます。
スープはあっさりしていました。出汁は・・・なんでしょうか?わかりません。
蝦雲吞。蝦はすり身になっていました。なのでプリプリとした触感はないですが、味が濃くておいしかった。海苔の入ったスープとの一体感が良かったです。胃にも優しそうな饂飩でした。毎日食べても飽きなさそうで、タイでもこういうお店が家の近所にあればなぁ、と羨ましく思いました。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA