タイでアキレス腱断裂 DAY51 肺炎・肺結核・肺癌

タイでアキレス腱断裂 DAY51 肺炎・肺結核・肺癌

この2週間ぐらい、アキレス腱の他にも健康上の問題がありました。
風邪っぽい。熱、といっても38度程度の中途半端な熱が出たと思ったら、数時間後には熱が下がる。喉がちょっといたい。だるい。風邪っぽい症状がダラダラと続いていました。

1週間前、咳も出るようになり、咳が変な匂いと味がする・・・。
今まで無かったことなんで、念のため病院に行きました。

今回はバンコクの大病院、バムルンラッド病院に行きました。

ゴージャスなホテルみたいな病院です。

まずは、日本人の先生に症状を伝えました。

「蓄膿症、もしくは肺に問題があるかもしれません。」ということで、すぐに鼻と胸のレントゲンを撮りました。レントゲン撮影が終わり、1時間後に、同じ先生と再度の問診。

「レントゲンの結果出ましたよ。鼻は問題ないですね〜!、では胸の方を見てみましょう」とパソコン上でレントゲン写真をオープン!

「あ!やば!」

って、先生が、確かに言いました。「ちょっと失礼しますね!」というと室外に出て、マスクつけてきて戻ってきました。

「えー、このレポート読んでください」と先生。

肺炎、

もしくは

肺結核、

可能性は低いけど肺癌。

がーん。

でも、何れにしてもかなり早い段階。

これから、専門医の所に行きましょう・・

その後専門医の先生との問診とか検査がありました。

そして、先日、成績発表がありました。

「肺炎」

セーフ!

まだまだ投薬は続きますが、とりあえず良かった。

しかし、この影響で全然トレーニングができておりませんでした。体重も落ちる一方です。さっさと治して、トレーニング再開をしなければ。

リハビリの結果です。

選手と同じ方法で足首が曲がる範囲を測定します。

膝を壁につけ、足の裏を床に密着させて、足首を壁から離して行きます。

その距離、33センチ。健康な右足が34.5センチです。あと3.5 センチ。

ここまでくると、ウンコ座りもできます。

これで、タイ式便所でもOKです。

足首はまだまだ左が腫れているし、アキレス腱もぶっとい。

左ふくらはぎの筋肉はかなり落ちてきています。

今は、なるべく普通の姿勢で歩くように心がけています。びっこを引いて歩く癖が着いてしまって左足がかなりガニ股になっています。ちょっと突っかかる感じがありますが、「普通な」歩行にかなり近い歩行ができるようになってきました。

ここまできて、一つわかったことがあります。

左足の筋力がかなり落ちている。

普通、右足だけ一本足で、つま先立ちができます。

でも、今の僕は同じことを左足でしようと思っても、左の踵があがらないのです。

歩いている時も、足首の最後の動きで床を後方に蹴るときに、同じような動きになりますが、これも難しいのです。なんでまだまだ歩く動きが不自然。

足首の関節、筋は伸びてきて、可動範囲が広がってきました。

次は筋トレが課題です。

そのためにも、肺を早く治さねば!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 格闘技ブログ ブラジリアン柔術へ
にほんブログ村
 

タイでアキレス腱断裂カテゴリの最新記事