KAVALAN Distillery  今話題のウイスキー工場に

KAVALAN Distillery  今話題のウイスキー工場に

アジアのウイスキー。日本のウイスキーは世界でも認められてもの凄い値がついています。ここ数年の話題は台湾ウイスキー。正直、数年前は存在すら知りませんでした。

KA VA LANというウイスキー。2010年ごろから、ISC国際スピリッツコンペ、WWAワールドウィスキーアワードなどの国際的なコンペティションで受賞をしてからひそかに有名になっていたようです。一度行きつけのバンコクのバーで飲んで、その香りの高さにすっかりはまってしまっていました。

今回はその台湾の工場見学にいってきました。台湾人のウイスキー好きの知人がアテンドしてくれました。

台北から車で1時間30分。台北から東に進みます。途中山脈があり、緑がきれないな道路でした。そして、長いトンネルを突き抜けます。

トンネルをでると、日本の田舎のような景色が広がります。

 

知人が案内してくれる、ということで、何の事前勉強もなく、まかせっきりにしておりました。こういった風景に感動してしまいました。

お目当ての工場です。

ガイドさんと一緒に工場に!見物客は台湾人だらけで、外国人は僕一人だけの模様。よって説明はすべて中国語でした。ただ見学ルートに英語でも説明が書いてあるので、それでも十分にわかります。

燻す前と後で、香りがどう変わるか?などは実物に触ることができます。

樽による違いなどなど、おもしろい。

すべての工程、ウイスキーのいい香りがただよってくるのが、素敵です。

行程の半分ぐらいきたところで、ガイドさんと目線があったのですが、そのときに、突然「日本人ですか?」と日本語で質問されました。「はい!」と答えると、なんとその先、中国語の説明のあとに、僕一人のために日本語でも説明をしてくれました。やさしい・・・・

ガイドさんは、工程の見学が終わり、有料の試飲の場所まで来てくれて、各ウイスキーの説明をしてくれました。

綺麗なガイドさん、ありがとう!

お買い物コーナーではタイや日本ではまず買えないのがあったので、お買い上げ。

Kavalan Solist Vinho Barrique Single Cask Strength(下の写真の左側です)

ただ、お一人様一本限定でした・・・

いつ開封しようかなぁ〜

 

 

 

 

 

2017台湾カテゴリの最新記事