先週末、脳梗塞からリハビリ中のパイセンと昼呑みに行くときに、「ギネスが飲みたい」とリクエストがありました。そういえばシラチャやバンセンだと無いな・・・・と思うと僕も久しぶりにギネスがいいな、となりました。なので、パタヤに!

パイセンは左半身が動かないので、僕なんかより移動から普段の生活までがタイヘンです。いつもなら僕がサポートすれば大丈夫ですが、今回はパイセンの会社の後輩一人(この人は健常者!)を同行願い。全員でサミティベート・シラチャ病院に集合していざパタヤにいってきました。

セカンドロードのThe AvenueにあるRobbin Hood Tavern Pattaya。かなりの有名店ですが、実はいままでいったことがありませんでした。僕は駐車場から杖で移動してましたが、パイセンは車椅子、でも駐車場からお店まではバリアフリーでたすかりました。

店内は旅行者やパタヤ在住のファランのお客さんがほとんど。ラグビーの放送が始まるとみんな盛り上がっていました。日本人の中年3人はとりあえずのギネスで乾杯!

LITTLE JOHN’S SHARING BOARDS-BUTCHERS BLOCK という鳥肉とかソーセージ、ベーコン、チップス,あとスコッチエッグを盛り合わせたようなメニューがあったのでとりあえずツマミにと、頼みました。

料理がきて、量にびっくり!男3人でちょうど良い量です。結果、つまみの予定が最初で最後の一皿となってしまいました。不健康な感じがたまらなく素敵でした。

ちょっとうれしかったのが、クラフトビールが飲めたこと。ここではDESCHTESのIPAがありました。最近、いろいろなところで見るようになりましたが、味も香りも濃いめ、ゆっくり飲むにはいいビールです。

この手のビールを置いているパタヤのお店、クラフトビールは色々あるのだけれでも、料理がイマイチだったり、料理自体がない!とかいう店ばかりでした。レストランみたいな料理が楽しめるところでクラフトビールが飲めるのは素敵です。

どうして、こういうお店がシラチャかバンセンにあれば良いのにな。また来週もパタヤ詣でになりそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA