タイでアキレス腱断裂 Day 5-7

手術後の消毒は終了。

次は7月1日の抜糸。それまではもらった薬を飲み続けるだけです。もちろん、左足首に負担はかけられません。5日目になってくると、痛みらしい痛みは皆無。なので、あやまって左足を使いそうになってしまい、逆に怖い気がします。

アキレス腱を切る前はほぼ毎日柔術の練習、土曜日はバドミントンの練習も追加しておりました。タイで仕事の後に運動しないという日々はかなり久しぶりです。

正直何をやっていいのかわからない。抜糸まではとにかくすべての運動を停止。抜糸後は様子をみながらリハビリのようです。10日以上、暇な日が続きます。退屈すぎて、無理。

友達を誘って外でご飯を食べまくっております。

ゼニバ

イオンモールにある焼肉ゼニバ。怪我人、病人、老人で集まりました。友人のパイセンは左半身がまだ動かないので、かなり大変です。

イオンモールは駐車場が広いわりに、車が少ない。そしてエレベーターの位置がよく、車椅子を使うときはロビンソンよりかは使いやすい。ゼニバや他のレストランまで車椅子での移動は楽です。建物全体がバリアフリーで作られているようですが、各レストランに入店するときに階段があったりなのが、なんかもったいないきがします。それでも駐車場へのアクセスのメリットの良さがあるので、車椅子で利用しやすいところです。

Patrick’s Belgian Restaurant Pattaya, Thailand

パタヤ遠征です。目の前のビーフイーターズは相変わらずの人気です。夜は予約を入れないと、どんなに席が空いていても、入れてくれません。そういう時のスタッフの対応がね・・・。なんか冷たく感じる。なのでこの半年ぐらいは、道を挟んだところにあるパトリックにいっております。

座席数も多くなく、こじんまりとしたレストラン。以前も左半身動かないパイセンを連れて言ったときも、やさしくしてくれました。今回も同じ店員がいて「お前も動けなくなったのか?」と歓迎してくれました。車から降りて、でこぼこの道を進み。混み合うアーケードの中に入るので車椅子ではかなり不便ですが、店につけば店のスタッフがいろいろ世話してくれました。

ジョムティエンまでいってBACCOでイタリア料理

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

じつはこのレストラン。バリアフリーでした。いままで気にしたこともありませんでした。

お店の入り口のスロープを車椅子であがるにはかなりのパワーが必要ですが、店内のスペースが広くトイレも車椅子で入りやすかったです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんなかんじで、抜糸まではだらだらとすごします。

 

 

 

 

タイでアキレス腱断裂カテゴリの最新記事