広告

Hat Wanakorn National Park その1 キャンプ場

Hat Wanakorn National Park その1 キャンプ場

2月の3連休に家族でキャンプにいってきました。
今回はバンコクから南に向かって走りました。
バンコクから車で4時間ぐらいのHat Wanakorn National Park。有名なリゾート、フアヒンからさらに100キロほど南に位置しているビーチです。

黒豚ちゃん

公園の入り口には黒い豚。
何度か買い物でこの入り口を出入りしましたが、いつもここに寝ていました。
寝顔のあまりの可愛さに、今後トンカツが食べれなくなりそうです。

キャンプ場と施設

ビーチに沿う形でキャンプ場が広がっていました。
敷地はとても広いです。ちょっとあるいてみましたが、トイレ、水場も3箇所はありました。下の写真はビジターセンターです。キャンプ場の料金支払いはここでおおないます。


あとはレストランが一店。国立公園内なのでアルコール飲料の販売はありません。
いつもあるサービスなのかわかりませんが、レストランでBBQ用のカニ、エビを注文することができました。

敷地が広いので、テント設営場所にはこまりません。


敷地は広い割りに、人数すくないので、広々とした感じがあります。
今回はママは海で遊ばないので、日中により快適にすごせるようにサンシェードも広げました。

目の前はビーチ。松林の中にテント設営

 

シュノーケリング

このビーチの沖には二つの小さな島があります。
その島にさんご礁があり、ビジターセンターでシュノーケリングツアーの申し込みができます。しかし、当日の風が強く、波も出たため結局シュノーケリングはできませんでした。

ビーチ

ビーチはタイ本土なので、サンゴ礁の島のような白いビーチではありません。グレーの砂です。

航海に出ます!

が、さすが国立公園、ゴミなどおちておらず、とても清潔です。
ただ、海底に岩があるエリアがあるようで、そういったといころは注意書きがありました。足の保護はしたほうがいいとおもいます。

風が強く、タイにしては、波がありました。波があるので、当然お水はにごってはいました。
そんななか、僕らは波にもてあそばれながらすごしたり、
持参したゴムボートで遊んでいました。

パタヤなどタイ東部にはない波です!波に揉まれるだけでも、かなり楽しい!

朝日

このビーチは東に面しているので、昇る朝日がきれいにみえました。
早起きして、朝日を眺めていました。

夕日でなくて朝日です。
ビーチに人はまばら
朝日を眺める特等席

清潔でいいところです。
あまり有名でない、バンコクから遠いなどの理由からか、キャンプする人はそこまで多くありませんので静かです。タイのキャンプ名物の大音量の音楽流すピックアップトラックも皆無。
波の音や松林がつくる木陰が心地よいところでした。
雨の降らない季節の連休にまた行きたいキャンプ場です。

満月を見ながら誰もいないビーチでゆっくりとウイスキー!最高でした。

ランタンの炎がいいのです。

キャンプ飯については、また後日に書きます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

広告

タイでキャンプカテゴリの最新記事