2017年1月のお話です。
年末年始はチェンマイで山と温泉を満喫してきました。
さて、次はどこへ?
近場で良いところないかな?いろいろ探してみました。

みつけたのが、Suan Khun Lekという私営のキャンプ場です。
ナコンナヨックは滝とダムで有名でバンコクからの日帰り観光に丁度良い距離。
我が家からは来るまで1時間半はかからない距離です。

https://goo.gl/maps/W2enRkapTd62
早速行ってきました。

キャンプサイト

場所は有名なダムKhun Dan Prakan Chon Damの下流に位置しております。
川べりにあるキャンプサイトで、小さなレストランも併設しております。


川を挟んで反対側にはレストランやリゾートホテルが並んでいます。
チェックインの際に、管理人さんから、「夜になると音楽流すので、うるさいのが嫌いな人はレストランの向かいは止めたほうがいいよ」とアドバイスをもらい、川の反対側には何もないところにテントを設営しました。

タイで始めて、電源がありました。
川はダムが放水している時は水量が多くタイではあまり見ないような流れの強い川となります。が、ダムが放水をやめると・・・・石ころが転がっているだけのようです。

川沿いに沿って長く伸びるキャンプサイトですが、川の下流の方が静かでした。
トイレ・シャワー、水場は場内に何箇所かあり、どこも清潔でした。

テント

今回から新しいテントになっております。
トンネルとか呼ばれているスタイルのテント、設営が簡単でよかったです。トンネルというか、モスラみたいです。中に寝室が吊り下がる形で入っております。

リビングとベッドルームが分かれていることで、普通のテントよりも室内がごちゃごちゃしないで便利です。リビングのスペースは寝る前に調理器具などを入れて保管できます。家族3人だけならシェードやタープが要りません。タイではほとんど出回ってないため、注目されまくりでした。

遊び

ここは川遊びをするところです。
まずはラフティング。


川の流れがあり、またちょっとした瀬はありますが、滝などはなくラフティングといっても豪快さはありません。ゆったりと川下り程度です。なので、子供でも安心して参加できます。キャンプ場の管理人さんが予約の仲介をしてくれました。
予約すると、指定した時間にテント付近までピックアップトラックでお迎えに来てくれます。途中、プールみたいところで泳いだりしながら、のんびりと40分ぐらいかけて川を降って来ます。


ゴール地点からキャンプ場までピックアップトラックで送り届けてくれます。
1艇あたり1,000バーツ。10人ぐらい乗れるゴムボートですので人数が集まればお得です。

翌日はキャンプ場のレストランで貸し出しているライフジャケット借りて、流れに身を任せて流れていました。


ある程度まで流れたら岸に上がり、また上流まで歩いて行き、再度流れていく・・・・。
シンプルですが、なかなか楽しいです。
ライフジャケットのレンタル料は・・・忘れましたが、大したことのない金額でした。
これには悠がはまり、何度も上流まで歩いていって、テントのあるところまで流れていました。

ご飯

今回の初挑戦、ホットサンド。


子供と一緒に作るには楽しめながらできて、良かったです。


スキレットのフライパン。かなりヘビーで蓋つけたままだと片手で持ち上げるのはかなり大変。
良いトレーニングになりました。キャンプ用品店でかなり安く売っていたので買ったのですが、大きすぎでした。

感想

車で2時間切る近さでしたが、木々に囲まれて、川の流れもどこか日本の清流のようなところでした。


距離の割に自然度がありました。乾季のタイでしたので夜は星が綺麗に見えました。
ただ、ダムの放水が止まると、川はただの石コロ畳になるようなので、次にいくときは放水スケジュールをみてから行こうかと思います。


ラフティングや川下りはプチ・アドベンチャー気分になれます。大人にとってはイマイチ迫力にかけるところはありますが、子供が安全に楽しむのなら良いところです。
土日に行きましたが、カオヤイ国立公園ほどの人でもなく、混雑感はありませんでした。
家から近いのでまた行こうかと思います。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA