あけましておめでとうございます。

年末年始はチェンマイにキャンプにいっておりました。

だいたいの日程

Doi Pha Hom Pok国立公園で二泊。
この国立公園はタイで二番目に高いDoi Pha Hom Pokに上るためにまずはKIEWLOMキャンプサイトにとまり、翌日Fang Hot Springのキャンプサイトで温泉キャンプ
そして後半はチェンマイからパーイに向かう峠の中にあるHuai Nam Dang国立公園で二泊のキャンプをしてきました。
少しずつご紹介します。

バンコクからチェンマイへ

まずは、ラムルッカのお家を車で出発、ひたすら北上してチェンマイを目指します。
ご近所さんも一緒です。
 まずは、アユタヤあたりのガソリンスタンドで給油と夕食
161227-01
そして北上すること2時間ぐらいでナコンサワーン。
昔、チャドー釣りで毎週のようにブンボラペットに通ったことを思い出します。
レッドブルをチャージしておきます。
161227-02
さらに北上してカンペンペットで休憩
161228-03
ここから一気にチェンマイへ!
チェンマイはスーパーハイウエィで市街地を迂回して、さらに北上してファーン郡にむかいます。
 ここまでは道も広く、カーブがあってもゆるい。快適クルージングでした。
ファーンに向かう峠ぐらいからカーブが厳しくなってきました。
161228-04
夜が明けても霧でまっしろ!
途中の休憩所でやっとはれました!

Doi Pha Hom Pok国立公園

ファーン郡に到着。ここまでくれば、Doi Pha Hom Pok国立公園はもうすぐです。
KIEWLOMのキャンプサイトを国立公園のWEBで予約しておりますが、まずはFang Hot Springにある国立公園事務所に向かいます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ビジターセンターは温泉地帯にあります。
KIEWLOMは標高1920メートルにあります。タイでは一番高いところにあるキャンプサイト。
ここまでの道は悪く、乾季の今でも普通車では山道の走行は無理です。
そのため、国立公園のビジターセンターで、山道を登る四駆のピックアップトラックを手配します。
チャーターベースで往復1800バーツでした。
ここをでて、登山道の入り繰りの国立公園事務所に行き、そかから山をグングンと登っていきます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
山道に入る前に、また国立公園事務所があります。ここで公演入園料の支払いなど確認されます。
舗装されていないところも多く、ピックアップトラックの荷台に乗っていると結構なホコリです。
山を登っているので、気温はグングンと下がってきます。はじめTシャツ一枚だった僕は、すぐに寒さでガタガタになります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
1時間ほどで見晴らしのよい展望台があり、そこを過ぎてしばらくするとキャンプサイト到着です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ラムルッカの家からちょうど14時間程度です。
真昼でも肌寒い・・・
標高が標高だけに。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
1924メートルのキャンプ場
早速テントを設営します。
161228-10
我が家はすべての道具を自分でもってきておりますが、テントや寝袋などは数に限りがありますが国立公園で借りることもできます。
ピーク時は事前にWEBで予約と支払いをしておいたほうがいいでしょう。
ただ、タイランドです。予約しても確実にあるか???安心はできません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
国立公園でレンタルできるテントは迷彩柄が多いです。
テントを設営したら、あとは特にやることはなし。
明日の朝、日の出にあわせて山頂に上ります。
山頂までは約2時間。往復4時間の山道は悠やプーにとって始めての体験です。
この日は早めの夕食にしておやすみ。
夜は10度をきっており、本当に寒い!
七輪の炭火があったかい!
161228-14
BBQとウイスキー飲んで体を温めます。
161228-15
5℃対応の寝袋でもぜんぜん寒い!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA