パタヤでの飯

バンセンと同じチョンブリー県のリゾートパタヤ。近いのでよく行きます。パタヤに行く目的は飯です。美味しくて、バンコクにはない雰囲気を持ったレストランが数多くあります。パタヤに住んでいる日本人が少ないので、日本語での情報や日本人内での情報はバンコクに比べると随分少ないのです。逆にまだまだ知らないレストランが多いという事なので、毎回パタヤでの食事は楽しみです。

最近はパタヤの中心から離れたジョムティエンのレストランに行くことが多かったのですが、久しぶりにパタヤの中心にあるレストランに行ってきました。

Casa Pascal

セカンドロードを挟んで、ロイヤルガーデンの丁度反対側に位置しているレストランです。道路からほんのちょびっとだけ奥に入ったところにあるのであまり目立ちません。店内はとっても落ち着いた感じです。ドレスコードあるのかな?と思いましたが、特にドレスコードは無いようです。ただお客さんのほとんどはスマートカジュアルな服装していました。

メニューですが、季節により変わるということでした。

161112-11

Corn Saladとスモークサーモン。

160915-05

名前を忘れてしまいましたが、期間限定のキノコのソテー。美味しかった。

160915-06

カルパッチョ+トリュフ。

160915-07

メインの前に口直しのシャーベットが出ます。

そんで持ってメインです。

161112-10

ラムチョップ。ローズマリーのソースが良かったです。僕はラムが大好きなんです。哺乳類食べた!って満足感がたまりません。

店員さんの対応もいいし、韓国系のお店のオーナーがちょくちょく、どうですか?ってやってきてくれ、気にかけてくれるが素敵です。

料金は高めですが、パタヤ中心なら徒歩圏内、雰囲気も味もよく、また行きたいな、というレストランでした。

ごちそうさまでした。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA